×
×

バックカントリースキルアップ講習 〜雪山読図講習〜

開催期間
2021年12月
対象の方
<基礎編>
下記のいずれかに該当する方。
・弊社主催のもくもく登山塾「読図基礎講習」または「読図実践講習」にご参加いただいた方。
・弊社主催のもくもく登山塾「読図基礎講習」「読図実践講習」と同様の読図(ナビゲーション)講習に参加したことがある方。
・地形の読み方やコンパスの使い方を、ご自身で読図関連本などで勉強したことがある方。

<実践編>
・これまでに弊社主催の「雪山読図講習・基礎編」にご参加いただいた方。

プログラム概要

「GPS や地図アプリがあるから雪山でも遭難しない」
あなたはそんな誤解をしていませんか?

これだけ GPS 機器や地図アプリが進化しても、山の遭難事故において最も多い要因は「道迷い」です。さらに、地図から地形を読み取ることができない人は、雪山においては「道迷い」以外の要因で遭難する可能性が高いということをご存知でしょうか。

(1) GPS や地図アプリがあるから大丈夫!
(2) 誰かのトレース(踏み跡)を辿るから大丈夫!
(3) 登山道に目印がついているから大丈夫!
(4) 知り合いに連れて行ってもらうから大丈夫!
(5) 人が多い山にしか行かないから大丈夫!
(6) 天気がいい日にしか行かないから大丈夫!

などなど。もしあなたにひとつでも当てはまるものがあれば要注意。雪山ではすでに遭難に片足を突っ込んでいます。「雪山読図講習」の目的は、巷に溢れるそんな“遭難予備軍”を一人でも減らすことです。
雪山登山やバックカントリーを楽しむ人が最低限知っておきたい雪山読図の基礎を、座学と実習を併せて学ぶ機会としてご利用いただければと思います。

プログラム詳細

開催日

<基礎編>
2022年3月26日(土)

<実践編>
2022年3月27日(日)

対象の方

<基礎編>
下記のいずれかに該当する方。
・弊社主催のもくもく登山塾「読図基礎講習」または「読図実践講習」にご参加いただいた方。
・弊社主催のもくもく登山塾「読図基礎講習」「読図実践講習」と同様の読図(ナビゲーション)講習に参加したことがある方。
・地形の読み方やコンパスの使い方を、ご自身で読図関連本などで勉強したことがある方。

<実践編>
・これまでに弊社主催の「雪山読図講習・基礎編」にご参加いただいた方。

参加費

5,900円(税込)~/名
※講習内容によって料金が異なります。

備考

詳細については「雪山読図講習」をご確認ください。

5つのポイント
  1. ノートラックは当たり前!
    ほとんどのツアールートが担当ガイドの独自ルートのため、ノートラックは当たり前。有名エリアのような殺気立った雰囲気がありません。(笑)
  2. スノーボーダーが考えたルート設定
    1枚板のスノーボードよりも、2枚板のスキーの方が機動力があります。そのため、「スキーヤーが考えたルートは、その機動力の差からスノーボーダーには厳しい」というのはよくあることです。
    はれがさやアクティビティーズのバックカントリーツアーは、スノーボーダーのガイドがスノーボーダーのためのツアーとしてルートを設定したのがはじまりです。とはいえ、もちろんスキーヤーの方にもご参加いただけますのでご安心ください。
  3. スムーズなツアー進行!
    はれがさやアクティビティーズのバックカントリーツアーは少人数制。さらにステップアップ式のツアーにすることにより参加者のレベル差が小さくなるため、よくある「誰でも参加できるツアー」でありがちな待ち時間の長さが解消されるよう配慮しております。
  4. 日本山岳ガイド協会認定ガイドが所属
    やはり様々なリスクのある積雪期のフィールド。弊社は、確かな知識・技術・経験の証となる公益社団法人日本山岳ガイド協会(JMGA)の認定スキーガイドが所属する裏磐梯エリアで唯一のガイドカンパニーです。
    積雪期のフィールドをお楽しみいただくことはもちろん、安全面や技術面、マナー面もサポートし、本物の体験をお約束いたします。
  5. 下見と毎日の積雪観察
    山は生き物です。放射冷却や大雪など極端な気象現象があれば、手軽なトレッキングコースでさえ状況が一変します。
    はれがさやアクティビティーズでは、基本的に催行日前1週間以内に担当ガイドがコースの下見を実施し、危険箇所や積雪の状態などのチェックを行うことにより、適切な装備や安全なルートをご提案しております。また、毎日の積雪観察が可能なのもローカルガイドならではの強みです。
スノーシューを買いたい!

雪山登山ツアーやバックカントリーツアーにご参加いただいた皆さまから、「スノーシューを買いたいけど、どんなものを買えばいいかわからない」というご相談を数多くお受けしております。

弊社では、メーカーカタログの情報だけでなく、実際に様々なメーカー・モデルのスノーシューを様々な雪質・地形で使用しているガイドの経験から、各モデルのメリット・デメリットをよく知ってもらった上で、ご要望に最適なものをご提案いたします。

スノーシューの注文も承っておりますので、お気軽にご相談ください。詳しくは、はれがさやベース(0241-23-9018 担当:わたなべ)まで。

注意事項

詳細については「雪山読図講習」をご確認ください。


<荒天時の対応について>

  • バックカントリープログラムは、催行に問題のある暴風雪や雨天でない限りは荒天でも実施いたします。
  • 天候による催行判断は当日行います。催行に問題のある荒天により担当ガイドが中止判断した場合は、お申し込み時にご申告いただいたお電話番号にご連絡いたします。

お申し込みのキャンセルについて

お申し込みを取り消す場合は必ずご連絡ください。
天災、事故(事故証明書をご提出いただきます)、事件などを除く理由によりプログラムの参加を中止する場合には、下記のキャンセル料が発生いたします。
病気やケガによりお申し込みを取り消す場合も上記キャンセル料の対象となりますので、集合場所・時間の事前確認および健康管理にご留意ください。

キャンセル料

開始日の7日前〜2日前
参加費の30%
開始日の前日および当日
参加費の50%
連絡なし
参加費の100%

お申し込み手順

1. まず、参加したいプログラムの内容をよくご確認ください。

2. 次に、参加希望日の3日前20:00までにメール(info@moku2-outdoor.com)またはお電話(0241-23-9018)にてお申し込みください。
※催行が決定しており空席があれば、3日前を過ぎてのお申し込みもお受けできますのでご相談ください。

バックカントリースキルアップ講習 〜雪山読図講習〜
へのお申し込み