もくもく自然塾 コロンビアアライテントモンベル
ホーム 体験プログラム イベント/大会 裏磐梯日記 宿泊について 学習プログラム
裏磐梯日記のイメージ写真

 裏磐梯日記

裏磐梯で日々起こるあんなことやこんなことをスタッフが日記形式でお知らせします。あなたの知りたい裏磐梯が見つかるかも。

 裏磐梯日記

2013年

 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2012年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2011年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2010年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2009年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2008年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2007年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2006年

 10月〜12月の日記

※2006年9月以前の裏磐梯日記は裏磐梯日記バックナンバー(他サイト)をご覧ください。

我らが塾長"もくさん"執筆「スノーフィールドの楽しみ方」絶賛発売中!!

 

"もく"が裏磐梯エリアを執筆「スノーシュー・コースプランGUIDE」好評発売中!!

 

"まき"が一部執筆「雪と遊ぶスノーシューテクニック&フィールドガイド」好評発売中!!


磐梯エリアガイド協議会会員
裏磐梯エコツーリズム協会会員
日本レクリエーショナルカヌー協会(JRCA)公認スクール

福島県 / 裏磐梯 
『もくもく自然塾』
〒969-2701
福島県耶麻郡裏磐梯高原
曽原四季彩の丘
TEL:0241-32-3010
FAX:0241-32-3074
 

ホーム > 裏磐梯日記 > 2012年12月の日記
 

 2012年12月31日(月)

『新雪が積もり、ブルーフォールも雪の帽子を被る』

昨日は雨でしたが、当日は幸運にも雪でした。雨の中のツアーはなかなか寒いものがあります。今日は、二組のお客様がご参加くださいました。T様とK様ご夫妻です。

今日は、だいすけ自身初の不動滝ツアーとなりいつも以上に緊張してましたが、サポートについてくれた、まきさんの存在は大きかったです。

新雪が降り、動物の足跡や気配がなかったのが残念でしたが。こんもり積もった雪の上をスノーシューで歩くことができました。小野川の石の上にも雪見大福のような雪がつもり、冬のカレンダーのような雰囲気を出していました。

昨日の下見の段階で不動滝が青く凍っていたので期待していたのですが、上から雪をかぶりちょっと青く氷った氷が見ずらかったですね。

晴れの日にお越しいただければ綺麗に青く氷ったブルーフォールが見られること間違いなしです。

(だいすけ)


関連プログラム

不動滝前

 



『冬の安達太良山』

雪山登山プログラム「会津の名峰に登る・冬」。
この冬の第一弾は、先週末の安達太良山(1700m)でした。
日帰りで十分帰って来られるルート設定ですが、それをあえて山小屋泊まりでのんびり楽しむ内容となっています。

ゲレンデの雪不足のため残念ながらゴンドラは運行せず。
登山口からの登頂となったため、時間的に少々タイトな行程になってしまいました。

さらに、朝イチの青空はどこへやら。
見事にガスられ、おそらく皆さんにとってはどこを歩いているのやら、な状態。
ただ、安達太良らしからぬ風の穏やかさで、寒い思いをすることはなく。

もちろん、全員が登頂。
先日のクリスマス寒波のおかげで、ぼくが下見で行ったとき(12月21日)とは打って変わって終始スノーシュー登山を楽しむことができました。

そして、この日の寝床は、くつろぎの宿・くろがね小屋。
ダルマストーブとランプの温もり、温泉、夕食のカレーノルマ3杯(?)を堪能。

翌日も雨が本降りになる前に下山。
風の苦労もなく、雨の苦労もなく、寒さの苦労もなく、という意味では結果オーライ。
冬の安達太良山の絶景はまた次の機会に。

(りょう)


関連プログラム

安達太良山頂にて くろがね小屋で迎える朝

 

 2012年12月30日(日)

『午前、午後大忙しのスノーシューツアーです』

もくもくのスノーシュープログラムは午前と午後に分かれていて参加者の体力次第で1日コースとして組み合わせられるようになっています。そうなるとスタッフも午前と午後で違うコースを担当することになり昼食は移動中車中でおにぎり・・・ってなこともあります。
今日はイエローフォール(午前)と森と湖上散策(午後)の担当でしたが、雨まで降り始め午前中からバタバタしてしまいました。
でも、無事終了。 イエローフォールは大丈夫、桧原湖凍結はまだ先の様です。

(もく)


関連プログラム

湖面凍結はまだ先です 良い出来でしょ

 

 2012年12月29日(土)

『ソリ遊びに雪だるま・・・あれ、スノーシューは?』

家族全員(6名)スノーシュー履いて、ストック持って、いざ出発!
したはずが、直ぐに斜面を見つけてソリ遊びに雪だるま作り。
次いくよ〜の掛け声に歩き出したと思ったらウサギの足跡探し。
休憩場所の大斜面に到着したら、またまたソリ遊びと穴掘り。
甘〜いミルクティーとチョコレート食べて、記念写真撮ったら帰りの時間。
あれ、スノーシューは?はい、移動にちゃんと履いてました。

(もく)


関連プログラム

パパ、ママ&そうた君 お兄ちゃん&お姉ちゃん こんなの出来ました

 



『快晴の五色沼、キラキラパウダースノー』

今日の裏磐梯は、雲の少ない青空の快晴でした。昨晩チラチラと降った新雪で、フカフカの雪の上を歩きました。

本日の参加者は、東京からお越しになったK様、石井スポーツで見かけたパンフレットでもくもくのツアーに参加されたようです。亮さん東京営業の成果が出ましたね。

いつも動物の足跡はたくさん見れるのですが、なかなか実物に会えずじまいでしたが。今日は、ヤマドリに遭遇しました。キジ科の鳥で丸々としていて、思わず美味しそうだね〜というコメントが飛び出しました。バタバタバタと一直線に飛び去っていきました。

今日の五色沼は、日光がよくあたり色が鮮やかでした。空も晴れていて、弁天沼から磐梯山が綺麗に望めましたよ。
K様は、五色沼を歩くのは初体験ということでしたが楽しんでいただけましたでしょうか?! お疲れさまでした。

(だいすけ)


関連プログラム

毘沙門沼 るり沼

 

 2012年12月28日(金)

『今シーズン、イエローフォールの出来栄えは?』

行って来ました、下見後2回目のイエローフォールです。この時期にしては出来栄え&色合い共良い方でしょう。 数年前成長したと思ったら雨で崩れ、再度成長しかけたらまたもや雨で総崩れ・・・・ってな事があったので安心できませんが今後の成長?が楽しみですね。
今日は私たちのだけの貸切状態でしたが年が明ければ多くのスノーシュアーで賑わうことでしょう。くれぐれも怪我、事故の無いように楽しんでください。
あっ、ガイドツアーに参加すれば安心ですよ。ちょっと宣伝モードでした。

(もく)


関連プログラム

ラッセルでした こんな状況です

 

 2012年12月27日(木)

『バックカントリーツアー、スタート!』

24日にJSBA(日本スノーボード協会)のインストラクター年次講習会がありました。
今回のテーマは「グラウンドトリック」。グラトリと言えば通常は柔らかい板で遊ぶもんですが、いつも山で使っている硬い板で参加。
無駄に筋力を使い、見事に筋肉痛。最近やっと体の痛みがなくなってきたワタナベです。

全身痛いながらも毎日精力的に活動しております。今日は磐梯山の下見でした。
が、ラッセル(ときに股下)と強風(まっすぐ歩けない)と低温(ピッケルを握っていられない)によりあえなく敗退。無念。

さて、先日の3連休からバックカントリースノーボードツアーが始まりました。(ずいぶん日が経ってからの報告で申し訳ありません)
先週の雨の影響を心配してましたが、思いのほかコンディションは悪くなく、幸先のいいスタートを切ることができました。

シーズン初めということもあり、各自、道具や体と対話しながらの山行。
オープンバーンに心震わしつつ、樹林帯のハードバーンに太ももが燃えつきそうになりつつ。(笑)

裏磐梯バックカントリー。
まだ一部のルートでしか遊べませんが、極上パウダーの季節はまだまだこれからです。

(りょう)


関連プログラム

22日。山頂にて 22日。太陽が出るとスノーモンスターたちが姿を現した 23日。スプレーを上げる 23日。青空が気持ちいい

 



『寒波の後はパフパフ五色沼』

クリスマス寒波も無事?通過し、明日から天気は下り坂・・・
ちょうどその谷間の五色沼ツアーでした。
寒波通過後はパフパフ有り、膝上の吹き溜まり有り、ツルアジサイドライフラワーの散乱有りと普段の「のんびり五色沼」とは一味違う体験になります。青空をバックに少し霞む磐梯山、風も無く休憩しないとちょっと汗ばむ気温。
今シーズンのツアーは良いこと沢山有りそうな予感・・・
今年の歩き納めと来年の歩き初めは
         裏磐梯でスノーシューはいかが。

(もく)


関連プログラム

お楽しみティータイム 鮮やかブルー弁天沼 毘沙門沼に白鳥9羽

 

 2012年12月26日(水)

『湖、凍ってきました』

桧原湖や中瀬沼をクロスカントリースキーで散策してきました。
どっさり雪が積もったので、スキー履いても膝まで潜ります。雪が締まってからのほうが楽しいんだよね〜、と思いつつ、新雪の美しい景色に、やっぱり来てよかった!と感激するのです。
桧原湖は、表面に薄く氷が張り始めてました。
歩いてるうちに青空が広がって、中瀬沼では磐梯山が見られました。
最後にレンゲ沼、今シーズンの初渡りにトライ!
無事渡れましたよ〜(笑)。
なお今後、気温が上がる予報がでています。お出かけ直前に、氷や雪の最新情報をチェックしてくださいね。

(まき)


関連プログラム

桧原湖、凍り始めました 中瀬沼からの磐梯山 レンゲ沼の上にいます!

 

 2012年12月25日(火)

『イエロフォールの下見に行ってきました』

塾のスタッフでイエロフォールの下見に行ってきました。
ここ数日気温も下がって、銅沼も完全に凍っていました。
まだ誰も歩いていない火口壁の中を、ルートを探しながら慎重に前進します。
岩原エリアでのコースはかなり限られ、いつ雪面が抜けるか気になりますが、例年、早い時期に通るコースに沿って進むとイエローフォールが見えてきました。
色の濃い、まだ成長途中の奇麗な滝は、遠くからでも強烈にアピールしています。
雪がまだまだ少ないコースではありますが、普段見る事のできない荒々しい噴火の様子を垣間見ることもできて感動の下見でした。
もくもく自然塾のイエロフォールツアーは、27日から今シーズンスタートします。

コロンビアからウェアーの提供を受けている私たちは、おのおの、今シーズンのモデル機能のチェックに会話の華が咲きました。
私が選んだ今年のアウターは、Triteca SoftshellのGold Leaf(もくさんと同じ)。シルバーに輝く裏地のオムニヒートは、見た目は派手なのですが、温かさを維持する機能にすぐれ運動性と快適性を備えた一押しです。厳冬期はミッドレイヤーにシーズン後半や外気の温かいに日はアウターとして活躍してくれそうです。今日のように、−10度を越えそうな日には、昨年支給のPortnoy Pike Jacketの下に着て、汗をかくこともなくグッドなチョイスでした。

(あかぬま)


関連プログラム

関連サイト

銅沼を進む 噴煙口を正面に見る 岩原を進む イエローフォールに着いた 今年もスタートします オムニヒート

 



『イエローフォールツアー開催決定!』

「五色沼」、「不動滝」、「森と湖上」の各ツアーはこの3連休からスタートしました。次は問い合わせの多い「イエローフォール」でしょ。
はい、ご安心ください。今日下見に行って来ました。
積雪はまあまあ、沼は氷り、大岩地帯はまだちょっと不安で踏み抜きそうですがガイドと一緒なら大丈夫。
今シーズンの出来?それは是非、参加してご自分の目で確かめて下さい。

ツアー情報 http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

(もく)


関連プログラム

初イエローフォール ご存知まきちゃん

 

 2012年12月24日(月)

『新雪踏んで不動滝』

クリスマス寒波はどうなるかなーと思ったら、イブの今日は、案外少ない積雪でした。
誰も踏んでない新雪。雪は寒さで軽く、深すぎることもなく、スノーシューにはベストコンディション。
フカフカ雪を下る楽しさは、スノーシューの醍醐味。みなさん満喫されてましたね。
ドキドキしながら、初めてスノーシューツアーに参加した方も「楽しかった」と笑顔になりました。
もちろん不動滝のブルーアイスも美しく、新設の橋を渡っての、滝の眺めもグッド。
不動滝、やっぱりいいコースです。

(まき)


関連プログラム

不動滝の前で 橋を渡って見る滝もグッド

 

 2012年12月23日(日)

『冬こそ五色沼』

今日の五色沼スノーシューツアーは、生き物や花に興味津々なメンバーが集まりました。
雪の中のツルアジサイのドライフラワーや、オオウバユリの実。紅葉や、緑あふれる季節には見過ごしてしまう姿も、冬だからこそ目について、なんだろう?と気になるのです。
雪に残る動物や鳥の足跡を見つければ、五色沼の生き物の豊かさも見えてきます。
そう、冬こそ五色沼がおもしろいんです。
天気にも恵まれ、じっくりたっぷり、五色沼の自然を楽しむツアーになりました。

(まき)


関連プログラム

天気に恵まれてよかったね 誰も踏んでない雪を歩くのって楽しい!

 



『もくもくde初滑り その2』

昨夜はビール数本+日本酒3升+日本酒4合瓶3本・・・
後は記憶にございません。
だから・・・と、言い訳せず今日もちゃんと滑ってきました。
ついでに銅沼も見てきちゃえ!と勢いで(やっぱり酒、残ってたかな?)ミニツアーまでしてきました。沼は結氷してたし、噴煙も上がってたし、久しぶりの「噴火口冬景色」を堪能。 明日も「もくもくde初滑り その3」を実施予定です。
また、勢いでイエローフォールまで行っちゃへ!!

(もく)


関連プログラム

初ショット 裏磐梯スキー場TOPから

 

 2012年12月22日(土)

『裏磐梯スキー場OPEN!』

毎年「アウトドア体験の宿もくもく」の初滑りは裏磐梯スキー場に決めています。昨シーズンは雪不足で?、今シーズンは小雨ながら全面滑走でさい先良いスタートがきれました。
降雪機も無くリフト3本のみという昔ながらのスキー場ですが、レストラン(ゲレ食?)から見渡せるゲレンデと磐梯山の風景はガツガツ滑ると言うよりの〜びり滑る雰囲気を醸し出しています。
塾ではイエローフォールツアーの受付場所としてお世話になっているのでお馴染みの方も多いでしょう。
これで裏磐梯の3スキー場全てがオープンしました。クリスマス寒波も予想され期待が膨らむ2012〜13シーズンスタートです。

(もく)


関連プログラム

関連サイト

いざ、スタート! こんな格好で・・・

 

 2012年12月21日(金)

『氷の稜線へ』

今日は安達太良山へ。
来週末のツアー「会津の名峰に登る・冬」の下見です。

ルートは、奥岳登山口〜旧道〜勢至平〜峰の辻〜山頂〜牛の背〜峰の辻〜くろがね小屋〜勢至平〜馬車道〜奥岳登山口。
さすがにまだ滑られる状況ではないので、スノーボードは持たずフツーに登山。

先日の雨の影響で、全体的にカリッカリ。
安達太良山らしい強風と氷の稜線。アイゼンなしで挑んだら一部苦労させられました。(足裏感覚を鍛えるトレーニングにはなりましたが)

余計な体力を使いたくない方、ケガをしたくない方は、現状では登山口からアイゼンを使った方がいいと思います。

持って行ったスノーシューも、つぼ足で股下ラッセルになった勢至平上の短い区間で使っただけで、ほとんど出番なし。
クリスマス寒波明けには、すばらしいスノーシューフィールドに変わっていることを祈ります。

(りょう)


関連プログラム

貸切の安達太良山頂 くろがね小屋から馬の背を見上げる

 

 2012年12月20日(木)

『五色沼と不動滝の下見』

スノーシューツアー開始に先立って、もくもく自然塾スタッフで、五色沼と小野川不動滝の下見をしてきました。
このところ根雪が締まってきています。ここに、フンワリ新雪が積もれば理想的!…ではありますが、もうツアーは大丈夫です。
五色沼では、あの動物の足跡を見つけて、おおおっ!(知りたい人はスタッフに聞いてね)
不動滝コースは、バリエーションコースを新規開拓しました〜! おもしろそうな斜面も見つかりましたよ。
みなさ〜ん、この冬もお楽しみに〜!(笑)

(まき)


関連プログラム

雪景色の五色沼 雪のなかでテンション上がるスタッフ コース新規開拓中!

 



『いよいよスノーシューツアースタート!』

大寒波襲来で12月にしては大雪だった先週から、あれれ??と言うくらい早く雪が減ってしまいました。
22日からのツアー大丈夫ですか?の問い合わせに今日下見に行って来ました。結果、ツアー無事スタートします。
コースは「神秘の五色沼」、「厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー」、そして「森と湖上のネイチャーツアー」こちらはまだ桧原湖が氷らないので森の散策になります。
今夜から冬型になり積雪が期待されます。バーンが締まってその上にふかふかパウダー!この3連休は裏磐梯に絶叫が響き渡ることでしょう。
※イエローフォールは連休明けに下見を実施予定なので必ずチェックして下さい。

(もく)


関連プログラム

久しぶり雪の五色沼 デカい足跡 工事終了

 

 2012年12月17日(月)

『バックカントリーツアー、始まります』

週末のバックカントリーツアーの下見で、スノーボードを背負って山へ。
いや〜、心躍るこの季節がまたやって来ましたねぇ。(笑)

先日のスタートダッシュ寒波のおかげで、例年のこの時期にしては遊べるほうです。
滑りも景色も貸切で楽しませてもらいました。(樹氷も、実は12月が出来がいい率が高い)

ただ、スタートダッシュが良すぎたのか、それ以降はサッパリ。雨が降る日もあり、積雪は明らかに減っています。

標高の低いところはまだまだブッシュ(藪)カントリー。あまりのひどさに予定していた下見ルートを途中で変更したら、今度はツリーホールにロックホール祭り!(木や岩の周りは抜けやすく、数m落ちることもある)
危険箇所満載でかなりヒヤヒヤさせられました。(苦笑)

というわけで。
「Step4 ロングルートを体験!」に参加を検討している皆様。実施内容については要相談ということでよろしくお願いします。
「Step3 定番ルートを体験!」については予定どおり実施します。

今シーズンももくもく自然塾のバックカントリースノーボードプログラムをよろしくお願いします。

(りょう)


関連プログラム

スノーモンスターたちの楽園へようこそ 飯豊連峰がくっきり

 

 2012年12月16日(日)

『スノーシューってポカポカする!』

モニターツアーでスノーシュー体験するみなさんを案内しました。
今日は風が強くて、立ち止まっていると、サムーイ。でも、スノーシューで歩いたら。あっという間に、ポカポカ体があったまるー。
いったん雪の世界に入ってしまえば、雪玉作って投げたくなったり、真っ白な雪に寝転んでみたくなったり。不思議と無邪気になりますよねー(笑)。
雪の季節は始まったばかり。また裏磐梯にスノーシューしに来てくださいね。

(まき)


関連プログラム

中瀬沼に行ったよ 雪と戯れるみなさん

 

 2012年12月15日(土)

『中瀬沼からの磐梯山眺望、やっぱり美しい!』

14日の朝の冷え込みは、間違いなくこの冬一番でした(約ー12度)。
我が家の水道が凍結してしまい、久々に朝から大わらわでした。でも、そんなトラブルも帳消しになるくらい、14日は良い天気に恵まれました。

燦々とそそぐ陽光。広がる青空。
光り輝く雪原。風もなく穏やか。
クッキリと浮かび上がる磐梯山。
絶好のコンディションの中、レンゲ沼中瀬沼周辺をスノーシューで歩いてきました。
1月下旬に来訪予定団体さんとの打合せ&現地下見だったのですが、企画運営担当のMさんTさんも、この景色にすっかり魅了されてらっしゃいました。
当日もよいお天気に恵まれるよう、願掛けしてお待ちしてます!

さて。
レンゲ沼中瀬沼周辺はまだ“道あるところ”を選ぶ状況(“道なきところ”はまだ水面や藪が見えていて危うい気配いっぱい)ですが、雪のしまり具合は良い感じです。動物の動き回った痕跡は相変わらず濃い様子で、短い時間でも楽しく散策できました。

そうそう。
危ういといえば、道路状況。
気温も上がったおかげで圧雪道路表面はよく滑る状態となりました。ハイドロプレーニング現象ばっちり体感(スタッドレスタイヤでも条件が揃えば滑っちゃうものなのです)。
今日も雨降りだったし・・・12月中は日中の気温が摂氏0度を上回る日がまだまだあるかと思われます。
ドライバーの皆さん、どうかくれぐれも安全運転、キープスローでお越し下さいね。

(ちほ)


関連プログラム

レンゲ沼前にて、磐梯山と夕焼け雲 絶景ポイント中瀬沼展望台

 

 2012年12月14日(金)

『初スノーシュー』

そろそろ、先週末からの大雪が締まってくるハズだ。
風も無く、青空が広がる。おー、絶好のスノーシュー日和!
初スノーシューは不動滝へ行った。足首くらいまで潜る軽い雪。予想通り、雪は適度に締まっていた。いいねえ、いいねえ、これだよねえ(笑)。
不動滝に小さい虹。ブルーアイスは基礎ができ始めてる。なにもかもヒトリジメです(笑)。
道をそれて森に入った。藪がしっかり埋もれて自由に歩けた。くぅータマラナイ(笑)。
早くもベストコンディションじゃないか!(笑)。
みなさん、ツアー開始は間もなくですよ。

(まき)


関連プログラム

不動滝に虹! 見上げれば青空 森でひとやすみ

 

 2012年12月12日(水)

『七峰縦走』

七峰(ななうね)とは、福島県と宮城県の県境付近に位置する、北から金華山、音羽森、主義山、権現森、地蔵森、五社壇、鹿狼山の7つの峰の総称。

最も標高の高い鹿狼山でも430m。
裏磐梯周辺(標高800m前後)よりも低い山々の縦走ですが、歩行距離は約10q。累積高低差もそれなりにあり、歩きごたえがあります。
鹿狼山周辺以外は一部登山道が不明瞭な部分もあるので、個人で行く方はご注意ください。

ガイド当日(8日)は冬型の気圧配置。
太平洋側ということもあり天気に恵まれ、海を眺めながらの気持ちのいい縦走となりました。

ただ、ガイドを終え帰路についたら、土湯峠がホワイトアウト。道幅を示す紅白ポールが1本先すら見えない状況。
道路は雪の大海原。吹雪の中に突然、道端に突っ込んでる車が現れるわ、前の車が反対車線走ってるわ、一瞬たりとも気が抜けず。

そして、自宅近くは除雪されておらず、車でラッセルしてなんとか帰宅。
駐車場もたいへんなことになっていて、寒波が来てるときは留守にするもんじゃないな、と思った次第です。(笑)

(りょう)


関連プログラム

鹿狼山の山頂からの景色。前日の下見にて このトンネルも登山道。トトロの森に続いてそうでしょ?(笑) ガイド当日、強風の稜線にて休憩中 ついに7つ目の峰、鹿狼山に到着

 

 2012年12月9日(日)

『ナムチェバザール水戸店でキャンペーン』

毎年恒例、もくもく自然塾・冬のキャンペーン。ナムチェバザール水戸店さんにて、開催させていただきました。

実はですね。12月らしからぬ、この土曜からの大雪。私たち水戸に行けるのか?…行けても帰れるのか?…というくらいの雪が降ったのです。

行ってみれば、水戸はスッキリ青空。
抽選会で、リフト券やワカサギ釣り券、ペンション宿泊券を当てて、喜ぶお客さんたち。おめでとうございます!
もくもくスタッフが来ると聞いて、遊びに来てくださった常連さんたち。ありがとうございます、嬉しかったです!
ああ、キャンペーン決行してよかった(笑)。
(ナムチェバザール水戸店さんには、いつも以上にお世話になりました。ありがとうございました)

裏磐梯の雪は、あと何日か続くようです。次の週末には、たっぷりの、いい雪で楽しめることでしょう!
みなさん、ぜひ遊びに来てくださいね。裏磐梯でお待ちしてます!

(まき)


関連プログラム

関連サイト

水戸は青空! 福島のおいしいリンゴも当たります 抽選、当たりました〜! リフト券ゲット! おめでとうございま〜す!

 

 2012年12月7日(金)

『今日は初スノーシュー』

ここ数日雪が降り続きゲレンデコンディションはGood!初滑りも無事?終わり、さ〜て、次はスノーシューが気になるところ・・
朝から雪かきして、一歩君の散歩して・・・あれ?平地でも結構積雪有るじん、スノーシューできるんじゃない? 不安を抱きつついざ!小野川不動滝へ。何とか初スノーシュー成功でした。
実はこのコースにしたもう一つ理由は、滝の前に新しい橋を架ける工事をしていて、その進行具合が気になっていたからでした。
ご覧の通り完成間近、後は手すりを付け来週中には完成だそうです。積雪期も歩けそうで新しいアングルで不動滝が楽しめそうです。

(もく)


関連プログラム

まだ工事中 新アングル

 

 2012年12月5日(水)

『やっと初滑り』

スキー場がOPENしているのに野暮用続きで延期?していた初滑り、やっと行って来ました。所はグランデコスノーリゾート、降雪期で作った雪の上に昨夜からの積雪で”べりーぐっど”な状態での初滑りです。
久しぶりのテレマークはブランクを感じさせないターンの切れと私のおやじギャグと同じ位の滑りの良さ! 明日も行くぞ!!

(もく)


関連プログラム

関連サイト

デコです

 

 2012年12月3日(月)

『冬のキャンペーン開催中!』

毎年この時期恒例、もくもく自然塾があなたの街にお邪魔する冬のキャンペーン「裏磐梯がやって来た!」。

その第一弾は「WEST新潟店」さん。
裏磐梯からでも車で2時間ほどというアクセスの良さから、新潟県内だけでなく福島から来店する方も多い、人気のアウトドアショップです。

山ボーダーとしては、パウダーボードも置いている数少ないアウトドアショップのひとつという点がやっぱり魅力です。(笑)
(ぼくがバックカントリーツアーで使っているボードのうちの1枚は、こちらで購入したもの)

キャンペーンの日は、アルビレックス新潟がJ1残留を決めた次の日。皆さん昨晩遅くまで騒いでいたのか、いつになく静かなスタート。
が、そこはやはり人気のショップ。駐車場もすぐに埋まり、テント内もスタッフ手作りのきのこ汁を味わうお客さんでいっぱいになりました。

そんな中、ぼくたちも負けじと裏磐梯の魅力をPRさせていただきました。
豪華賞品が当たる抽選会も実施で大盛り上がり。スノーシーズン突入前のいい景気づけになりましたでしょうか?(笑)

さて、今週末は仙台と水戸にお邪魔します。
皆さんのご来店、お待ちしております!

(りょう)


関連プログラム

関連サイト

テント内はこんな感じ 見事、豪華賞品ゲット! 夕方、ランプの明かりが灯りました