もくもく自然塾 コロンビアアライテントモンベル
ホーム 体験プログラム イベント/大会 裏磐梯日記 宿泊について 学習プログラム
裏磐梯日記のイメージ写真

 裏磐梯日記

裏磐梯で日々起こるあんなことやこんなことをスタッフが日記形式でお知らせします。あなたの知りたい裏磐梯が見つかるかも。

 裏磐梯日記

2013年

 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2012年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2011年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2010年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2009年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2008年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2007年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2006年

 10月〜12月の日記

※2006年9月以前の裏磐梯日記は裏磐梯日記バックナンバー(他サイト)をご覧ください。


我らが塾長"もくさん"執筆「スノーフィールドの楽しみ方」絶賛発売中!!

 

"もく"が裏磐梯エリアを執筆「スノーシュー・コースプランGUIDE」好評発売中!!

 

"まき"が一部執筆「雪と遊ぶスノーシューテクニック&フィールドガイド」好評発売中!!


磐梯エリアガイド協議会会員
裏磐梯エコツーリズム協会会員
日本レクリエーショナルカヌー協会(JRCA)公認スクール

福島県 / 裏磐梯 
『もくもく自然塾』
〒969-2701
福島県耶麻郡裏磐梯高原
曽原四季彩の丘
TEL:0241-32-3010
FAX:0241-32-3074
 

ホーム > 裏磐梯日記 > 2012年3月の日記
 

 2012年3月31日(土)

『動物たちの痕跡いっぱいみつかる森』

朝起きたら一番に、テレビをつけて、天気予報をチェックします。
昨夜、お不動様にお願いしてみましたが・・・あらー、しっかり雨マーク並んで、強風注意報ですか。

アナウンサーさんも「大荒れ」連呼。
実際、穏やかな空気がだんだんと、時間とともに強い風が伴ってきて、磐梯山もグレーの雲にすっかり覆われました。

今日午前は、昨日ご一緒したYさんと、イエローフォールツアーの予定ですが、条件が悪いときには辛さを否めないコースです。

どうしよかと思いめぐらせましたが、「もしよかったら、無理せず平地で遊びませんか?」とご提案してみました。

「あ、ぜひ。そのほうがいいです(笑)」と快諾して下さいました。
では、レンゲ沼・中瀬沼周辺&桧原湖へ、れっつらごー!

ここの森はいつも、動物たちの足跡がたくさん残っている場所ですが、今日は、指や爪までくっきりと見て取れるほどの足跡がみつかりました。

さらに、落とし物(う○ち等)も、いつもより多くみつかるし、リスがマツの実やクルミの実を食べた痕もみつかりました。

「うわ〜、かわいい〜♪」と、Yさんはノウサギの足跡がお気に入り。
コロコロう○ちも、たくさん落ちている場所も見つけられて、すごいすごい、と大喜び。ふふふ。

昨日、不動滝ツアーでも、ニホンザルやムササビの痕跡に感激されてたので、きっと、こういうのんびり脱線しながらの遊び方がお好みじゃないかな〜と思い、コース変更を申し出たのですが、正解♪でした。よかった。

「森の動物たちの生きてる証拠がいっぱい見つかりましたね」

あ、はい!
野生動物にはなかなか会えませんが、こうして痕跡をみつけるだけでも彼らの存在を感じられますよね。
こうして一緒に楽しめて、私もすごく嬉しいです。

さて、明日はYさんのスノーシュー旅も最終日。
強い雨が雪に変わりました。新しい雪に包まれた五色沼探勝路を歩けるかな・・・お楽しみ。

おまけ
桧原湖の上も、レンゲ沼の上も、まだ歩けました。
森の中は水の流れがしっかり見える箇所が出てきました。そこには緑の葉っぱが!もしかしてミズバショウかも?
まだまだたっぷり雪はありますが、春は一歩一歩近づいてきています。

(ちほ)


関連プログラム

リスの食べ痕(クルミ割) ノウサギの足跡クッキリ指まで ノウサギのふん&食べ痕 桧原湖の上にきましたよ リスの食べ痕(森のエビフライ)

 

 2012年3月30日(金)

『平日は好天続き』

朝起きて天気予報を見たら週末は大崩!
こりゃ家に籠ってたんじゃ申し訳ない、と言うわけで急遽雄国山へ行ってきました。
(前日と書き出しが一緒です)

何時もは滑り重視で猫魔スキー場スタートですが、今日は雄子沢〜雄国山〜ラビスパ(温泉)〜路線バス〜雄子沢という1人完結歩き重視ツアーにしてみました。

例年この時期、沢が切れて渡る場所探しに苦慮するのですが残雪が多く問題なし。
頂上からの滑走は雪質もよく”絶好調、中畑清です”!
久しぶりの1,164mピークからの絶景も楽しめ、締めは温泉、なかなかいコースですよ。

それにしても今シーズンは週末に天気、崩れるよね。

(もく)


関連プログラム

今日は雄国山 1,164m 古木も元気

 



『迫力満点、笑顔満開の不動滝ツアーでした』

今日も穏やかな一日になりました。
午後、暖かい日差しの中、小野川不動滝を訪ねてきました。

「スノーシューをやりたくってやりたくって。でも初めてで、1人じゃ心細くて息子についてきてもらいました(^^)」とお母さん。

妻○○聡(宮○あ○い?)似の素敵な息子さんと一緒に、こうしてアウトドアで遊ぶなんて、いいなぁ、ステキです。

ザックザックのザラメ雪。
思いがけずズボっとハマル箇所ちらほら。
一目惚れしてご購入されたというスノーシューもばっちり威力発揮です。

まだまだ雪や氷に囲まれている不動滝ですが、雪解け水で水量が増えてきましたね、ど迫力です。
滝の下の氷が絶妙に割れていて、中程のブルーアイスも見えたりして。
のぞき込むと滝の下の岩の姿も見えましたよ。
慎重に慎重に足を運んで、ハイ、チーズ!

歩き始めて早々にニホンザルにも会えたり、後半は、ムササビがスギの実を食べた痕跡が見つかったりと「ラッキー♪」も重なりました。

お天気ヨシ、迫力ヨシ、森の静けさもヨシ。
その上、野生動物との出逢いもあって、笑顔も満開。
念願のスノーシュー、楽しい時間になって本当に良かったです。

さて、明日は、お母さんお一人でイエローフォールツアーですね。予報は・・・えっ嵐?!
か、覚悟もしましょう。

でもここはやっぱりお不動様頼み(^^;)。
明日の午前までなんとか保って、おねがいっ!!

(ちほ)


関連プログラム

ムササビの食べ痕と落とし物 ど迫力の不動滝の前で

 



『ホントにカナダみたい?』

一人旅を満喫中というお客様と五色沼を歩きました。

年齢、性別を問わず、一人で旅をする人って増えていますよね。
宿泊施設でもシングルユースの宿泊プランが増えたと思います。

毎日開催のスノーシュープログラムは、ひとまず4月1日で終了ですから、私も一人旅に出かけようかな(笑)。

今日は気温が14度まで上がりました。
春の、少しもやがかかった様な青空で、五色沼を歩いていると磐梯山も、吾妻の山も綺麗に見えていました。

お客様によると、山に囲まれたこの景色はカナダで見た景色に似ているのだそうです。
今回の旅で裏磐梯も気に入ってくれた様ですので、また違った季節にも遊びに来てほしいです。

新緑の裏磐梯も綺麗なんですよー。
今年の桜はゴールデンウィークに間に合わないかなぁ?

(まっちゃん)


関連プログラム

あら!この色(毘沙門沼の緑)も、きれいねっ!

 

 2012年3月29日(木)

『キラキラぴかぴか☆光輝く猫魔平でした』

今日は、日本中どこでも良い天気だったそうですが、裏磐梯ももれなく晴天!やっほー!
貸し切り独り占め状態の猫魔平へ、Kさんとスノーシューで満喫してきました。

彼女は、今年3月に休暇村裏磐梯に赴任してきたばかりの秋田美人。
仕事ではなく、あくまでプライベートでご参加くださいました。

「地名すら分からないことだらけなので、自分で実際に歩こうと思って」

・・・おーっ、スバラシイ心がけ。
お天道様も応援してくれてますよ!
だって、こーーんな雲一つ無い青空がっ!!

霧氷もキラキラ、磐梯山もぴかぴか、猪苗代湖もまさに“天鏡”のように光ってます。
足下の雪も、ふっかふっか(ちょびっとだけ重いけど)。

キレイいっぱいの森で、寝っ転がって、滑り台して、動物の足跡を追っかけて。
ヤドリギを体感して、巨樹たちにもご挨拶して。

「たのしーっ♪」

よかった!
この条件ならもれなく間違いなく(笑)。
写真だってどこをとっても美しいわー。
こういうのを「天晴れ」というのかもです。うん。お天道様ありがとう!

Kさん、これからいっぱい裏磐梯の楽しさ美しさ体感して下さいね。
雪が融けたら磐梯山登山、楽しみですね(^O^)〃。

(ちほ)


関連プログラム

森の主シナノキにもご挨拶 霧氷の森と磐梯山と ブナの美林を座って眺める ブナの古木とご挨拶

 



『古樹はまだまだ元気です』

朝起きて天気予報を見たらニコちゃんマーク全開!
こりゃ家に籠ってたんじゃ申し訳ない、と言うわけで急遽ブナ太郎詣でしてきました。

雪が重そうなのでスキーにして大正解!
楽ちん&快適、ランランラン・・・は途中まで。

暑すぎて汗ダラダラ、Tシャツ1枚で登り切り一休みついでに写真でもと思い電源を・・・入らない!
そうです、電池は充電器の中!

今シーズン2度目の大失敗。
と言うわけで携帯写真でゴメンナサイ。

古樹ブナ太郎は風雪に耐え元気で迎えてくれ、ほっとしました。
今度は新緑の時にお伺いします。

(もく)


関連プログラム

ご存知ブナ太郎 花柄K2

 

 2012年3月28日(水)

『裏磐梯テレマーク界の至宝』

先日、またまたしばらく裏磐梯を留守にしておりました。
この冬は出張が多く、その分、担当するスノーシューツアーやらボードツアーの開催日が少なくなりご迷惑をおかけしております。

昨年の震災後、原発の影響によりガイドの仕事が激減しました。
それはもちろんガイド業に限ったことではなく、同じ思いをした福島県民の方は多いと思います。

でも、それでただ落ち込むのも前へ進むのも自分次第。
震災前と比較すると、とにかく時間はある。個人的にはこれをチャンスと思い、できるだけガイドとしてのスキルアップに時間を使うことにしました。

今回も、その一環での出張です。
お隣、山形県の山の中で雪と戯れてきました。

いつもと少し違うのは、足元がテレマークであるということ。
そう、裏磐梯テレマーク界の至宝・ワタナベが、その実力を遺憾なく発揮してきました。

その産まれたての子鹿のようなキレ(?)のある滑りと転びっぷりは、右に出る者がいません。うふ。

あ゛ー。
スキー練習しよ。

(りょう)


関連プログラム

ピットチェック中 雪崩地形をひとりずつ通過する。この日はあちこちデブリだらけ 要救助者を引き上げるためのシステムを構築する スキーで搬送用のソリを作る 要救助者を梱包する

 

 2012年3月27日(火)

『あのころの情熱を』

昨日はバックカントリースノーボード「Step1 はじめてのバックカントリー」臨時開催。
1月に残念ながらインフルエンザでキャンセルされたSさん、3月末にしてようやくリベンジ達成となりました。

この3月は雨が多く悪雪ツアーにならないかと心配していたのですが、直前の降雪。
まずまずのコンディションでのツアー開催となりホッとしました。

深くもないが、浅すぎない。
初めての裏磐梯ツリーランには持って来いの滑りやすさ。
天気もまずまず。風は強いものの、樹林帯ではほとんど気にならず。

10年ぶりにバックカントリーへの情熱が再燃したというSさん。
座学にビーコン捜索、埋められるのも含めて(笑)、いろいろと思い出していただけたでしょうか。

それにしても、やっぱりボードは楽しいなぁ。
ここのところスノーシューかテレマークばかりだったので、ぼくもひさしぶりに(?)1枚板の楽しさを思い出しました。(笑)

(りょう)


関連プログラム

滑りやすく気持ちいい雪です Step1はこんなところを滑ります ビーコン捜索中 今日の埋まり方はこんな感じ

 

 2012年3月26日(月)

『梅が満開だったのよ』

今日は都内からお越しのSさんご夫婦とスノーシューで遊びました。

自宅近くの梅はほぼ満開だそうです。
もう3月も下旬だし、裏磐梯は雪が無いんじゃないか、パンフには雪が無い場合はスノーシューをはかずに散策とあるし、ひょっとして中止になるんじゃないか・・・!?、等々、いろいろ心配しながら出かけてきたそうですが・・・。

こんなに雪はあるし、しかも午前中は時々吹雪いていたし、お客様はとても驚きつつ、喜んでいらっしゃました(笑)。

雪が大好きなお二人は、時間を見つけてはドライブがてら雪国に出かけるそうです。
こちらは4月も雪遊びできますからね。Sさん、また遊びに来て下さいね。

磐梯吾妻スカイラインの雪の回廊を通って出かけるスノーシューツアー「春の浄土平を歩こう」、お勧めですよ?

(まっちゃん)


関連プログラム

仲良しご夫婦でした

 



『イエローフォール、健在です』

昨日今日と、イエローフォールに行ってきました。
頭の上は、それはすてきな気圧配置。見事な西高東低(笑)。もれなく雪も。
冷え冷えの冬に逆戻り〜(^0^)〃。

しっかり締まった雪の上に、比較的軽めの良い雪がほっかり。
スノーシューの踏み心地は・・・おおおっ、快適〜〜っ気持ちいい〜〜〜っ♪
歩くのも駆け下るのも、おしりで滑るのも、たーのしー!ぃやっほー!!でした。

昨日はね、偶然にも同年代&地元の女子4人の方が参加されました。
一組のお嬢さんは「昨年3月12日に申込んでたんですけど来られなくて」と話してくれました。
えっ、あっ、そうか。じゃあ、まさにリベンジ!ですね。

それが今年、こーーんなに良い条件になったということは、さては強力な念を送ってましたね?!
おかげさまで、なにをやっても「嬉しい楽しいおもしろーい♪」女子会ツアーになりました。

そして今日は、すっかりスノーシューにはまってらっしゃるYご夫妻と。
昨年初めて体験されたら、すぐにマイスノーシューをご購入され、今シーズンは二度目の裏磐梯。ありがとうございます!

午後の日差しを浴びて白く美しく輝く櫛が峯に、目が釘付けになりっぱなしの往路。
イエローフォールで記念撮影をし終わったら、冬山に一変、風雪にさらされた復路。

春らしい陽気も、真冬の厳しさも、ほんの3時間のあいだに、しっかり味わえました。
しかも、私たちだけ。贅沢させていただきました(笑)。

Uさん、Kさん、Yさん、ありがとうございました!
また良い雪つれて遊びに来て下さいね♪

おっと、気になるイエローフォールですが、立派な氷瀑は健在です。
色が、なんともいえない不思議な色になってます。

象牙色?大理石のようでもあり?黄色もあるけど青もみえるような??と、Yさんとはしばし色探しを楽しみました。

今夜はまだ細かい雪がふってますが、なんてったって3月下旬、お早めにどうぞ〜。

(ちほ)


関連プログラム

火口原を駆け下ろう 銅沼の上を歩いてまーす リベンジ達成!イエローフォール会いに来たよ! ノートレースの沼の上を歩く! 輝く櫛ヶ峯に向かって 大岩群をハイクアップ 大理石色フォールはどうでしょう

 



『春気分で大満足!』

今日のイエローフォールは我孫子市からの素敵なカップル(若夫婦?)さん。
前日は猫魔でボードを楽しみ、帰る前に「もう少し歩きま専科」と言うことで参加したそうです。

スノーシューは初めて、だそうですが夏は登山をしているというだけあって歩くコツの呑み込みが早く、この時期にしては雪質最!天気も最高!
そして何よりガイドが最高? スタートして直ぐに”楽し〜”の連発でした。

途中少し天候が崩れてしまいましたが、それも直ぐに回復し春の日差しを浴びながら本当に”楽し〜”ツアーでした。
昨年磐梯山登山を断念したそうで、今年是非再チャレンジして下さいね。

※「もう少し歩きま専科」はウォーキングプログラムのキャッチコピーです。
今月末には春〜秋の楽しさ満載プログラムがアップ予定!お楽しみに。

(もく)


関連プログラム

春の日差し 大満足でした

 

 2012年3月25日(日)

『仲良し女子の大冒険』

学生時代の友人というお二人と小野川不動滝へ行ってきました。

3月も下旬だというのに、この積雪。
道路の雪はすぐに溶けるようになりましたが、森の中には軽く1メートルはあります。
いいですねぇ。まだ良い雪で遊ばせてもらえそうです。

今日は女子3人でのツアーとなりました。
駐車場で車を降り、鳥居の脇を通って(雪が積もっているので下は通れません)ミズナラの森へ入り、ちょっと暗い杉林を登ってからトロッコ道をしばらく歩いて・・・。
すると水しぶきの音が聞こえ、滝が目の前に現れます。

お客様は滝の前で景色を眺めながら、「なんだか、冒険した感じ」と話してくれました。

分かるなぁ、その気持ち。
2時間ちょっとのツアーだけど、雪の中での大冒険です。

(まっちゃん)


関連プログラム

雪が降ってきたけど笑顔!

 



『楽しさに天気は関係なし!』

予報は曇りだったのにご覧の通りホワイトアウト&ブゥー・フー・ウー? じゃなかった暴風雨!

雄国山頂上はご覧の通りシールを剥がすのも一苦労、雪も最悪、ターンもできず・・・まっ、山を滑っていれば色んなことがあるよね。

その色んなこと・・・今日は午前、良い天気で楽しめました。
前日の悪雪で疲労困憊?で半日ツアー&会津山塩ラーメンに変更して大正解!
午後からブゥー・フー・ウーになり・・・色んなことが有りますネ。

来週はもう4月、ザラメ雪になり滑りやすくなります。8日(日)にはスカイラインも開通し、浄土平で滑れます。
月山、鳥海山、燧ケ岳・・・春ツアーは”こでぃらんにぃ〜”

(もく)


関連プログラム

テレマーク神社? こんな状態でした こうでなくちゃネ!

 



『春近づく五色沼』

ちょっと新雪。
歩き始めから赤沼までノートレースの五色沼。
静かに歩けてよかったですね。

だいぶ氷が溶けてきて、色が楽しめるようになってきました。
アオサギ見かけたのも、春だなあ。

(まき)


関連プログラム

毘沙門沼も、だいぶ氷が溶けました

 

 2012年3月24日(土)

『・・・頑張ります。(涙)』

今日の猫魔平ツアーは、ガイド研修生の岡崎くんが担当。ワタナベは単なる付き添いです。

さあ、岡崎くん。
今までの研修の成果を存分に発揮して、Gさんグループにブナの森を思いっきり楽しんでもらってね。

少々緊張していたようですが、視界不良に強風という悪条件の中で彼なりに頑張ってくれました。
いろいろと反省点もありますが、この経験を次に活かしてもらえたらと思います。

と、えらそげに上から目線のワタナベですが・・・。
彼の姿を見ていたら、自分が初めてガイドしたときのことを思い出しました。

うん。
ひどかった。(笑)

え?
今もひどい?

・・・頑張ります。(涙)

(りょう)


関連プログラム

視界不良に強風の悪条件 霧氷の森を案内する岡崎くん(右) ブナの森を駆け下りる

 



『まだある!』

吹雪の土曜日。雨じゃなくてよかった。
吹雪はトレースを消し去って、真っ白な雪原にしてくれた。
視界がないのは残念だけど、3月下旬で、この白さはラッキー。

銅沼で、先行の2人が引き返した。
イヤッホー、こっからは、お客さんたちと私の貸切だ!

銅沼は・・・渡れた。
大岩地帯は抜けなかった。
そしてイエローフォールは、まだ大きい!

水音も聞こえないな(例年は、イエローフォールの氷の下に、流れが復活して水音が聞こえたり、流れそのものが見える頃です)。

スノーシュー、楽しんでもらえてよかったです。
参加してくださって、ありがとうございました。

この冬行きそびれてる、というかた、大丈夫。
スノーシューツアー、まだまだ行けますよー!(笑)

(まき)


関連プログラム

まだある! イエローフォール!

 

 2012年3月23日(金)

『バタバタした今週』

飛び石とはいえ連休だったことも有り、スノーシューガイドでスタートした今週ですが、コース下見やプライベート、そして下見、ガイド・・・とバタバタした一週間でした。

この時期、パウダー喰いでご馳走様?
そう、西大テンはてっぺんから下まで極上のパウダー!
悪天候で入山者無しで貸切!
今シーズン、パウダーはもう要らないです。

ところがその3日後、雄国山でしっぺ返しを食らいました。黄砂でも降ったのか突っかかること引っかかること。
久しぶりの前転宙返りをしてしまい、そんなとき不思議と周りを見渡してしまうんですね。

ゲレンデでは絶対あり得ない、いろんな事があるからツアーは楽しいんで、やめられません。ツアーはこれからが本番です。

※おまけの写真はご存知、苗場プリンス&スキー場です。水上に用事があったのでちょっと寄り道してきました。山男には不釣り合いな場所ですね。

(もく)


関連プログラム

黄砂降った? 極上パウダー 何処?

 

 2012年3月19日(月)

『こっちも頑張ってます』

何時もの年だと色は抜け、氷は崩れ落ち、水が流れていてもおかしくないイエローフォールですが、今シーズンは”しぶとく”残ってます。

さすがにイエローとは言えませんが大理石っぽいクリーム掛った色は不思議な趣があります。

お彼岸過ぎても雄大な景色はいつも通り、雪は締まって歩き易く、天候も安定しているので結構お勧めかも。

裏磐梯スキー場の週末営業も後少し、今シーズンラストチャンス!

(もく)


関連プログラム

まだ大丈夫 絶景? 昨日もこの通り

 



『ひそかな人気』

今日の午前は、横浜からお越しのお客様とネイチャースキーを楽しみました。

週末に雨交じりの雪が降ったお陰で、雪はしっかり締まりました。
そこに昨晩からの雪がうっすら積もっていたので、スキーの滑ること、滑ること・・・。

久し振りにネイチャースキーをしたというFさんは、少々この雪に手こずっていたようでしたが、日頃から登山をされているだけあって体力がバッチリ。
午後も引き続き、休暇村クロカンコースでスキーを楽しむとのことでした。

塾のプログラムのほとんどはスノーシューですが、ネイチャースキーもひそかな(笑)人気があります。
私はこのスキーがしたくて裏磐梯に来ましたから。なかなか面白いんですよ。

Fさん、来年もお待ちしてます〜。

(まっちゃん)


関連プログラム

コースを外れて森の中を滑りました

 



『また来ちゃいました♪』

土日の雨が、月曜日には雪になりました。
うっすらですけど、ふわふわの軽い雪ですよ。
空気は冷え冷え、冬に逆戻り。“三寒四温”なんですねぇ。

さて、今日は猫魔平ツアーへ、Kさんと。
2月にはお友達と3人でこのコースにご参加されたということなんですが、あれ?お友達は?今回はお一人?

「今回、友達は八ヶ岳へ行っちゃいました。私はこっちに、また来ちゃいました」

わ〜お!うーれしーぃ!!
今日は独り占めですから。満喫して下さいねっ。

頭の上はガッツリ冬型の気圧配置で、強い風が吹く中でしたが、まっ白な樹氷の森を、猫魔平の美しいブナ林を、動物たちの活動した痕跡を見つけながら、ゆっくり歩きました。

「2月とは全然雪が違いますね〜」

今日の足下の雪はしっかり固まっていて、がほっがほって、ハマル感じ。
2月のパウダースノーのように、軽やかに駆け下りるわけにはいかず、ゆっくりと足を運ぶしかできなかったのですけれど・・・

「でも、この感覚も楽しい♪」

わぁい!そういうKさんの感性が、すてきです。
素直な気持ちで、今いる世界すべてを感じようとしているKさんに、私もいい刺激を戴きました。
ありがとうございました!

・・・明日も楽しみいっぱい待ってるぞ〜〜!

(ちほ)


関連プログラム

最後の下り、ゆっくり駆け下ります! イイ椅子み〜つけた 森の主さま、また会いに来ましたよ

 

 2012年3月18日(日)

『雨ニヌレテモ まだまだスノーシュー遊びは楽しいぞ!』

この土日はしっかり雨でしたね。
春に向かってるんですねぇ・・・。

と、あいにくの空模様でしたが、土曜日は「箕輪山麓巨樹ツアー」へ、毎月参加のHさんご夫妻と、日曜日は「神秘の五色沼ツアー」へ、スノーシュー初体験のMさんファミリーと、ご一緒しました。

箕輪は、標高1200mちょっとのところから1600mの上までリフトに乗って登ります。
出発時は確かに雨でした。降り立ったところは、猛烈な風&吹き付ける霙雪!
標高が高くなるってこういうことなんですね。

開けた空間は飛礫で痛すぎたので(^^;、とっとと樹林の中へ避難。
動物の足跡や食べ痕に脱線したり、奇っ怪な木々や巨樹を訪ねながら下っていきました。

小一時間が経った頃、旦那様からこんな一言が。
「今日はなんだか楽だなぁ。イエローフォールに行くとき苦しかったんですけど」

ああ!それはなんてったって、ず〜っと“下り”だから♪(^^)v。
今回は下れば下るほど雨水を吸った雪が重〜〜くなって、駆け下りるのを満喫出来なくてちょっぴり残念でした。

くだらぬギャグにも笑顔で応え、写真にも合点承知とポーズつけてくださるHさん、本当に有り難うございますm(vv)m。
来月もまたお会いできるでしょうか?・・・新ネタ仕込もーっと(笑)。

さてさて。
五色沼はね、結氷していた沼が“開けてくる”時期でもあって、これがまたイイ色で!
「きれい〜」「美しい〜」連発まちがいなし(笑)。

雨も気にならず、風もなく、寒くもなく、少々重たい雪ながらもスノーシューで歩きやすい状態で、脱線しても思いのほか面白く遊べました。

口数少なくハニカムお年頃のお兄ちゃんとお姉ちゃんが、声をあげて笑ってて、嬉しかったなぁ〜。ふふふ。

「いつもはスキーに来てるんですが。予想以上に面白かったです」とお父さん。わあ、よかった!
お母さんの「やってみたい」気持ちからご参加いただいたのですが、ほんと良かった!

来年の雪遊び、スノーシューも選択肢に仲間入りしてもらえると嬉しいです。
次はぜひパウダーを蹴散らしましょう!
ありがとうございました。

(ちほ)


関連プログラム

ミズナラの巨木の前ではいぽーず 吹雪いて霞む中、完全武装で歩くのもまたタノシ 男子も負けずに下っちゃうぜ! 弁天沼のほとりを歩く 下るのタノシー!

 



『西大巓ピークハントツアー』

この見事なガスっぷり。
こちらに見えますのが西吾妻山、あちらに見えますが飯豊連峰でございます。
あ、心の清い方にしか見えませんので、あしからず。(笑)

さて、「西大巓ピークハントツアー」の見どころと言えば、やはりスノーモンスター(樹氷)。
でも、これだけ雨やら気温が高い日やらが続くと・・・ねぇ。

「雨なんだか雪なんだか微妙な天気の中、モンスターのカケラもないガスった西大巓に重雪ラッセルしてまで雪上ランチしに行くツアー」ですみませ〜ん。(苦笑)

青空と樹氷、そしてさらっさらのパウダースノーは来シーズンにリベンジ!
でももちろんかまいませんが、今シーズンもまだまだチャンスはあるはず。

というわけで。
平日のプライベートガイド、受付中!
大丈夫、裏磐梯の冬はまだまだ終わりません。

そして、スノーシューツアーは4月22日(日)まで、バックカントリーツアーはやれるまで(笑)開催中です。お待ちしてます!

(りょう)


関連プログラム

この見事なガスっぷり 山頂も展望なし 雪上でランチ(1) 雪上でランチ(2)

 



『猫魔平で笑う5人』

今日も、どんよりした空。雨がちょっとパラつく天気。重い雪、視界無し。
でも、貸切で満喫できましたね(またしても。笑)。

こんな条件でも、スノーシューをしようという人たちは、ある意味タフだと思います。
そして、スノーシュー遊びがとても!好きなんだと思います。

Tさんたち5人は、始終、楽しそう。
先頭を歩いてると、後ろから笑い声が聞こえてくるのです(いいですねー)。

キツツキの木を叩く音に耳を澄ませる。カモシカの足跡をみる。全身で、猫魔平の森を楽しんでいるようでした。

この人たちが、パウダーのこの森に来たら、どんなに喜ぶだろう!
晴れた日に、この森に来たら、どんなに感動するだろう!

・・・そんな姿を、私は見てみたいです(笑)。
また、きてくださいね。

(まき)


関連プログラム

雪が重くても、下りは楽し! 温かいお茶でひと休み 夫婦ブナで記念に一枚!

 

 2012年3月17日(土)

『雄国沼かろうじて絶景ツアー』

さあ、「雄国沼絶景ツアー」本番。
心配していた天気は・・・やっぱり雨。とほほ。

集合後、皆さんに「中止」という選択肢も含めて希望を伺うと、全員から「決行」という意外な返答が。(笑)

「雨に打たれながら重雪をラッセルしてまで雄国沼休憩舎にランチをしに行くツアー」の始まりなのか? そうなのか?

視界不良の雄国沼。
ま、これはこれで、ある意味絶景。
こんもりとしたカモシカの溜めフンは・・・絶景とは違うな。

休憩舎でランチをしていると、屋根を打つ雨音が激しくなった。
このまま下山するのか、雄国山に登るのか。選択肢は二つ。

ここでまた「雄国山に登りたい」という意外な返答。(笑)
とはいえ、さっきまでの視界不良がウソのように、雄国沼、そして外輪山が姿を現している。

雄国山から眺める下界は、かろうじて(?)絶景。
かくして、「雨に打たれながら重雪をラッセルしてまで雄国沼休憩舎にランチをしに行くツアー」は「雄国沼かろうじて絶景ツアー」となりましたとさ。(笑)

皆さん、風邪ひかないようにしてくださいね〜。

(りょう)


関連プログラム

王様ブナ ある意味、絶景の雄国沼 休憩舎でランチ 雄国山からの景色はかろうじて絶景? 裏磐梯一早いミズバショウは健在

 



『イエローフォール、健在』

今日のお客さんは、スノーシュー初体験。
雨降り、重い雪、視界イマイチ。・・・マイナス要因重なりまくり・・・(苦笑)。
でも、貸切で満喫できましたね。

銅沼も大岩地帯も、まだ足場に不安な所はありませんでした。
そして、イエローフォールは健在。色は、ほとんど抜けてしまってましたが、3月の彼岸時期に、この大きさを保っているのは珍しいです。今日の雨にも、ビクともしない感じ。

数日、雪が降らなかったので、足跡が豊富でした。ウサギ、テン、カモシカ、リス、先日のりょう君とお客さんのも発見(笑)。
ウサギのオレンジおしっこ、リスのエビフライ、ヤドリギの実。帰り道は来た道と変えて、いろいろ観察。

楽しかった!って笑顔のお客さん。
きてくださって、ありがとうございました!
次はぜひ、晴天、パウダー、視界良好な日にスノーシューをできますように祈ってます!

(まき)


関連プログラム

イエローフォール健在! 下り楽しい! まだまだスノーシューで遊べる雪です

 

 2012年3月16日(金)

『ミルク色をした象牙です』

今日は常連さんのGさんと、イエローフォールへ行ってきました。
イエローフォールは随分色が抜けちゃったみたいよ?と聞いてはいましたが、ははー、なるほど。

ゴツゴツした沢山の氷柱が固まっている様に見えたイエローフォールは、表面が滑らかに、そうだ、ミルク色をした象牙の様に見えました。
大きく崩れた様子はありませんでしたよ。まだまだ頑張っていました。

今日はこの青空でしたので、Gさんの額にも汗が光っていました。風が気持ちよく感じるなんて、やっぱり春ですねー。

明日からの天気が気になりますが、雪で遊び足りない方、どうぞお出かけ下さいませ。

(まっちゃん)


関連プログラム

銅沼の上を突っ切って イエローフォールに到着!やった〜!

 



『雄国沼絶景ツアー』

「雄国沼絶景ツアー」の開催日は明日ですが、今日は同じルートをプライベートガイドでご案内。

プライベートガイドとは、簡単に言えば“専属ガイド”。
自分のスケジュールに合わせて希望のツアーを開催できるという利点があります。

例えばほら、こんな山日和に行きたい場所に行けたら最高だと思いません?(笑)
今日は、「雄国沼絶景ツアー」の名前に偽りなし、な一日となりました。

霧氷の森を抜け、王様ブナに会う。
結氷した雄国沼の上は貸切。あまりの陽気に昼食は外で。
雄国山は見事な360度パノラマ。一際白く浮かび上がる飯豊連峰の神々しさが印象的。

奥様は終始撮影に夢中でした。
絵を描くためのネタはたくさん集まりましたか?

さて、明日の本番は現時点で雨予報。
山の神様、そこをなんとか雪にしてもらえませんか?

(りょう)


関連プログラム

霧氷の森を行く 王様ブナに会う 正に絶景! 神々しい飯豊連峰

 

 2012年3月15日(木)

『ヒマラヤ登山隊』

平日のイエローフォールツアーは、貸切率高し。

だ〜れもいないスキー場。
だ〜れもいない森。
だ〜れもいない銅沼。
だ〜れもいないイエローフォール。
(いや、ホワイトフォールか(苦笑))

「私にとってはヒマラヤにチャレンジしているような気分」

とは、Aさん談。
トレースがまったくないこんな世界でのスノーシューは、彼女にとってはものすごい大冒険なのだそうです。

たった二人のヒマラヤ登山隊は、行動食にヤドリギの実を食し、見事登頂(?)を果たしたのでした。(笑)

(りょう)


関連プログラム

イエローフォールはミルキーな色合い

 

 2012年3月14日(水)

『新雪だ!』

先週日曜日の夜から断続的に降った雪が、嬉しい事にこんなに積もってくれました。

今日は2組のお客様と誰の足跡もない新雪が積もった森を歩き、コバルトブルーの五色沼を見て回りました。

このプログラムはほぼ五色沼探勝路にそって歩きますから、探勝路沿いの全ての沼を見る事ができます。

歩く時間は約2時間半で、雪の状態が良ければ探勝路から離れ、山を登ったり下ったり、駆け下りたり・・・寝ころんだり?します。

今日のお客様からは「変化に富んだ地形と水の色が楽しめる、いいコースですね」という感想をいただきました。

まだまだ雪はこんなにあります。
もぉ。嬉しいなぁ。

(まっちゃん)


関連プログラム

新雪を踏みしめて歩きます 天気最高!毘沙門沼にて

 

 2012年3月13日(火)

『初めての体験、楽しいわぁ♪ また来ますえ〜』

寒の戻りまっただ中!
良い雪降ってる裏磐梯です。

一旦温かくなってからの大雪、寒冷に自動車事故も多く発生したみたいです。
ドライバーの皆さん、冬タイヤ&低速運転で、お越し下さいね。

そして雪崩事故も・・・。
楽しい雪遊び、何事も安全第一を心がけましょう!

さて。
月曜と火曜と、京都のきれいどころオネエサンたちと、五色沼と不動滝と、訪ねてきました。
もちろん、スノーシュー!

服装から、普段は登山やトレッキングを嗜まれてるのは分かったのですが、お話を聞くと、なんと山スキーをずっと続けてこられてきたとか。そうでしたか〜!

「年齢的にスキーはもう、ね。だからコッチにしたの(^^)」

筋金入りの雪遊び大好き人間なんですね♪
ほな、“28歳の回れ右”のペースで、のんびり楽しく参りましょ〜(^O^)〃。

もうね〜、雪がホンマ、良い状態で積もったんですよ〜っ(火曜日はちょっと多めだったかな?)。
しかも、五色沼も不動滝も、ノートレース!!(不動滝はまさかの膝上ラッセルもあり(^^;)。

日差しが出たり入ったり、青空が見えたり曇ったり、それにあわせて青が輝いたり沈んだりする五色沼。
あられ混じりの雪がガンガン降る中のラッセル、「雪中行軍やわ〜」と笑いながら不動滝へお参り。

さすが関西のオネエサン!
口も元気なら体も元気!
もれなく最後までしっかり歩き&しゃべり通されました〜。すばらしーっ。

ツアーの間、なんや私も西の人間の血が騒ぎ、すっかり(ちぃとオカシな)関西弁でおしゃべり。
ついつい余計なツッコミを入れちゃいましたが、もれなくすばらしいボケも返ってきたりして。

やりとりの中、ふと、オネエサン方と我が母とが重なりました。
そうかやっぱり私には西の人間の血が流れとるんじゃなぁ・・・なんて、己のルートを思い出させてもらいました。

「楽しかったわぁ。また来ますえ」

はいっ、お待ちしてます!
私もオネエサンたち見習ってがんばります。
40年後も美しい姿勢で山遊び&女子会したいです(笑)。ありがとうございました!!

★不動滝のお社の手前に、雪崩の跡がありました。渓流沿いの急峻な地形です。気を引き締めて参りましょう。

(ちほ)


関連プログラム

赤沼にて 青沼にて 不動滝にて(滲んでますごめんなさい) 不動滝にあいにいきまーす お不動さんこんにちわ

 



『降ったぞ〜』

3月も中旬だと言うのに良い?雪が降りました。
重めのパウダーが40cm、スキーでのラッセルも久しぶりだったので”ちかれたびぃ〜”

今日、ご一緒させていただいたのは毎年ネイチャースキーに来てくれる素敵な姉妹、多分もくもく最高齢スキーヤーではないでしょうか。

普段歩いているときは普通?の70代後半ですがスキーを履いた途端、マイナス15才に変〜身します。
歩くの大好き、ブナの森大好きなお二人と歩くのを毎年楽しみにしています。

今、明日の午前何処か連れてって!とリクエストを受けました。
まだまだ、鼻タレ小僧扱いです。

(もく)


関連プログラム

最高齢? クマ棚だらけ

 

 2012年3月12日(月)

『あの日から』

あの日から、1年が経ちました。
あの日から、いろんなことが変わりました。

それでも、とにかく。

日々、自分にできることを全うするだけです。
福島に、裏磐梯に、遊びに来てくれる方がいる限り、こんな笑顔になれるようなお手伝いを、変わらずするだけです。

そして、そんな笑顔は週末のツアーの様子。
バックカントリースノーボードStep5を、Step4に変更して実施しました。

2月に“壁”に跳ね返されピークに立てなかったあの山(2月12日の裏磐梯日記参照)に再挑戦。
ただし、難易度の低い別のルートで。(笑)

途中で昼食をはさみつつ、トータル4時間かけて登頂。
やはり、リフトのない山は喜びもひとしお。終始誰にも会わない静けさもまたいいのです。

そして、下りはあっという間。それでいてアクシデント満載。
隠れた枝に足をすくわれたり、ねずみ返しのような地形にひっくり返されたり、重深雪に足を取られたり。

そんなアクシデントも笑って流せる余裕があるのが、Step4の皆さん。
でも、登りのトレースが雪崩れたてホヤホヤのデブリ(雪崩の堆積物)で見事に消えていた、というのは笑えない話。(苦笑)

(りょう)


関連プログラム

登頂! 巨樹に囲まれてランチ ブナ林のツリーラン スプレーが上がる ひとりずつデブリを通過する

 

 2012年3月11日(日)

『まだまだ頑張っているイエローフォール』

スタート直後は曇っていたのが嘘の様。
進むにつれて険しい山肌と、青い空、白い雲が参加者を迎えてくれました。

千葉からおいでのTさん達と、県内からおいでのSさん達が、シーズン後半でもまだまだ頑張っているイエローフォールツアーに参加。

なんだかんだと写真を撮ったり、ちびビデオカメラで撮影したり、雄大な火口原を駆け回って楽しい時間を過ごしました。

10年ぶりに出してきたボードブーツの靴底が、下山と同時に両足見事に剥がれて一同呆然。
剥がれたままでも、まだ歩けるブーツのすごさに脱帽しましたが、長く履いていないブーツは要チェックです。
山の中で分解すると大変なことになります。

さて、次回はどのツアーに参加しましょうね。
いつでもお待ちしてまーす。

(あかぬま)


関連プログラム

今日のイエローフォール この雄大な景色の中を歩く 劣化して壊れたボードブーツ

 



『ガールズ・スノー・ピクニック』

もくもく自然塾女性スタッフによる、女性限定企画。ガールズ・スノー・ピクニック。
昨年、準備を重ねたものの、東日本大震災の直後のスケジュールだっため、中止になった企画でした。

今回、参加人数がちょっと少なかったけれど、申し込んでくれたかたがいたのが嬉しくて、絶対やる!と意気込んでいたのです。

朝のうち降っていた雪が、ツアーが始まると、青空に変わりました。
サラッと新雪に青空、これは最高のコンディション。よかったー!

スノーシューで遊んで、お腹をすかせて帰ってくるみんなを、料理担当の私は、雪のテーブルこしらえて、ビーフシチュー温めて待ってました。
腕によりをかけて、たっぷり作ったシチューが、空っぽ。シェフはウレシイです(笑)。

スタッフおすすめ、ヒロのお菓子屋さんの花豆モンブランも、大好評。
美味しいものを、一緒に食べるって、幸せですよね(笑)。

食後は、そり遊び。何回も滑って、笑って。楽しさ炸裂(笑)。
最後は温泉にゆっくり浸かって。湯上がりのみなさん、ピカピカ、満足そうな笑顔。

よかったー!
みなさん、参加してくださって、ありがとうございました!

 

東日本大震災から1年。
亡くなった方々に対し、慎んで哀悼の意を表します。

震災後、福島でガイドすることは平坦な道では、なくなりました。
それでも変わらずに続けることが、福島の、裏磐梯の、みなさんの、自分の力になると信じて。

裏磐梯の自然のなかで、笑顔になる人が増えるように。私は、これからも裏磐梯でガイドをしていきます。

(まき)


関連プログラム

真っ青な空、白い雪。きゃっほー! おもいっきり遊んだ後は、お茶がおいし〜! 雪のテーブルで、ランチタイム そり遊び最高!(笑)

 



『空の神様。ありがとう。』

今日は、もくもく自然塾主催の女子会「ガールズ・スノー・ピクニック」でした。

スノーシューで遊んで、雪の中でランチを楽しみ、締めくくりは温泉♪という盛り沢山のプログラムは、最高の天気に恵まれて無事終了しました。

今日は空の神様も味方してくれたようでした。
だって、集合した時は雪がちらつく曇り空で、外でのランチは諦めていたんですよ。

それなのに、スノーシューで歩き始めるとどんどん青空が広がっていき、森を抜けて桧原湖に着く頃にはこの青空!
真っ青な青空と、広い広い桧原湖と、そこから見た磐梯山は最高の景色でした!

ランチ会場に戻ると、高橋シェフ特製のビーフシチューが待っていました。
ダッチオーブンで煮込まれたあつあつビーフシチューはとっても良いお味。
ああー。思い出すとお腹が空きます。また食べたい。

この日記を書きながら外を見ると、あら、また雪が降っています。
空の神様、最高のお天気にしてくれてどうもありがとう。

(まっちゃん)


関連プログラム

桧原湖の上を駆ける 磐梯山の前で磐梯山 みんなでハイ、ポーズ 高橋シェフ、似合ってます

 



『京美人?』

今日の参加者は京都からの賑やかばあちゃん(ご本人達談)7人組、数十年前は相当な京美人だったはずが今ではその面影も無く・・・普通の関西のおばちゃんでした。

天気は最高(当たり前じゃない私たち晴れ女よ!ごもっとも)、ギャグは太刀打ちできず滑りっぱなし、やっぱり侮れない・・・

イエローフォールはご覧の通りホワイト化してしまい、そろそろ崩れるかな?状態ですが、この時期にしては立派なもんです。

西の方では花の話題も出てますが裏磐梯は雪の華満開!
まだまだ、雪遊びできますよ。

(もく)


関連プログラム

景色良し! こんな状態です

 

 2012年3月10日(土)

『新雪の土曜日』

昨日から、雪が降りました。起きたら真っ白。
3月の雪は重いけど、美しい白が戻ったのは、うれしい。

午前は、猫魔平のブナの森を歩いてきました。
2月にいらしたお客さんが、また来てくださって、うれしい驚き。

2月には五色沼を歩いたのですが、その時、猫魔平に行ってみたいとおっしゃっていました。
体力的にも問題なさそうだったので、次はぜひ、猫魔平ツアーに参加してください、と話してたのです。

来年かな・・・、なんて思っていたので、びっくりでした(笑)。念願叶って良かったですね!

午後は不動滝へ。
常連Mさんが、友達を連れてきてくれました。
Mさんは、いつも、ホント!楽しんでます。
彼女からスノーシューの楽しさを聞いて、やってみたくなったそうで(笑)。

そんなMさん、今シーズンはテレマークレッスンに打ち込んでいるため、久々のスノーシュー。

「ニヤニヤしてしまう」

どれだけ好きなんだか(笑)。
重たい雪を歩きまわって、バッタリ倒れる雪の上。それもまた、気持ちいいのです。

(まき)


関連プログラム

新雪のブナの森を歩く 大木を見上げる 不動滝で、にやける2人 雪の上にバッタリ。気持ちいい!

 

 2012年3月9日(金)

『箕輪山麓巨樹ツアー』

3月10日からスタートする「箕輪山麓巨樹ツアー」の下見に行ってきました。

亜高山帯とブナ林の境界に近いブナの森は、環境の厳しさからブナの不思議な樹形に驚き、標高が下がると共に素直な姿に変容する樹形が印象に残ります。

後半には、ミズナラの巨木が現れ、巨樹好きにはたまらない魅力的なコースでした。

「こんなことがあるのか」と、大口を開けて見上げてしまうような神秘の融合が見られますが、それは参加した方にだけお見せします。

楽しみにしていて下さい。

(あかぬま)


関連プログラム

箕輪山麓のブナ ブナの巨樹に感激のポーズ こんなミズナラの巨樹が待っています

 

 2012年3月8日(木)

『お元気でしたか?』

今日は大熊町民の皆さん向けのスノーシューツアーの2日目でした。
朝10時の気温が2℃で、無風。かなり暖かく感じた一日でした。

会津から参加して下さった今日のお客様は、昨年春に裏磐梯に避難していた方でした。
昨年の春は浜通り地方から避難してきた人が裏磐梯にも沢山いて、地元住民も私達も何かしたくて一生懸命でした。

ちょうどその頃に裏磐梯エコツーリズム協会主催のトレッキングプログラムがあり、たまたま私がガイドを担当した時に参加していた方が今日のお客様(笑)。
お互い懐かしく、「お元気でしたか?」というご挨拶から始まりました。

お客様は磐梯山周辺の自然がとてもお気に入りのようです。
昨年は何度か磐梯山にも登り、この冬は久しぶりにスキー場にも出かけてみたのだとか。

今日は「冬の森を歩くのって、夏と違ったいろんなものが見えるんですね」という感想を頂きました。
そうなんですよね。だから冬も面白い!
寒いだけではありません!!

3月は春の暖かい日差しを感じながら、雪で遊べます。これからの雪遊びもお勧めです。
Nさん、またどうぞお出かけ下さいね。

(まっちゃん)


関連プログラム

関連サイト

私の写真はいいですよ〜、撮らなくて〜

 

 2012年3月6日(火)

『10年来の仲間と一緒に』

昨日と今日と、しっかり雨降り。よく降りました。
そしてとても温かくなりました。
静岡では23℃越えたとか?!南国はもう夏?はやすぎ(^^;)。

裏磐梯はというと、朝10時で、なんと10℃!
思わず目を疑い、器械の故障を疑いましたが・・・うーん、しみじみ、春ですねぇ。

そんな今日午後は、りょうくんとプライベートガイドを担当しました。
遊山(ゆさん)会のみなさんとご一緒に、桧原湖&中瀬沼スノーシューツアーへ。

代表のYさんが塾のおなじみさんで、昨年から仲間を連れてきて下さってます。
10年で100回以上、一緒に野山で遊んでらっしゃる仲間ならではの「あうんの呼吸」を、私たちガイドも楽しませていただきました。

・・・ガスって、視界まっ白で景色は何も見えない桧原湖上で、ガイドが苦し紛れに「心の目で見て下さい」なんて言うと、「おおっ、あれが磐梯山!キレイだなぁ!」「ほんとだ〜」とみんなで応えて下さる(笑)。

・・・小休憩して水分補給だけしてもらうつもりが、あれよあれよと色んなお菓子が回ってくる(笑)。
と、2時間ずっとこんな感じで、笑いが絶えない(笑)。

たっぷり雨水を吸って、超重たい雪でのスノーシューでしたが、みなさんご健脚!
また時期を替えてお越しいただけると嬉しいです(1月下旬〜2月上旬はパウダー確実!)。
そのときはきっと、磐梯山も姿を現わしてくれるはず!?

また、グリーンシーズンも遊びに来ていただけると嬉しいです。ありがとうございました!!

(ちほ)


関連プログラム

まっ白なここはどこ?桧原湖の上!

 



『掘る!掘る!掘る!』

しばらく裏磐梯を留守にしておりました。
日本山岳ガイド協会の雪崩対策講習で、白馬岳の麓でひたすら雪を掘ってました。

積雪の断面観察や不安定性評価、埋没者の捜索・掘り出し、雪崩の危険性を考慮したルートガイディング、低体温症の処置といった内容。

ちなみに埋没者の捜索では、シングルアンテナのアナログビーコン(埋没者捜索に使う電波送受信機)を使っていたのは、20人以上いる中で自分ひとりだけ。

それでも、トリプルアンテナのデジタルビーコン(要するに高性能なもの)と変わらない捜索スピード。そこはほら、気合が違いますから。(笑)

そういえば、「3人が快適にビバークできる雪洞を30分で掘る」という課題もありました。
普段から雪を掘る機会は多いので、いいのが掘れましたよ〜。泊まれなかったのが残念なくらいに。(笑)

さて、今回の講習で気になったのは、埋没者の捜索方法については主催している団体や講師によって方針が異なるということ。

どれが正解なのかはわかりませんが、とにかく一番に考えるべきことは安全面。
それは、自分の安全はもちろんのこと、ガイドであるからにはやはり顧客の安全。

今回学んだことを自分の中で整理し、今後のガイディングに役立てたいと思います。

(りょう)


関連プログラム

関連サイト

積雪の断面を観察する 埋没者の掘り出しと保温 ルートガイディング中。どこの山でもピークではテンションが上がる プローブで埋没者捜索中 最終日には北アルプスの山々がようやく顔を出してくれた

 

 2012年3月5日(月)

『3/11ガールズ・スノー・ピクニック 開催決定!&申込み締切り延長します』

昨年3月13日に開催予定だった「ガールズ・スノー・ピクニック」。
3月11日の震災発生のためやむなく中止となりました。

スタッフも楽しみにしてきたので、正直、消化不良の感を否めず、よしっリベンジ開催しよう!と、昨年と同じ日曜日に設定をして準備を進めてきました。

奇しくも昨年と同じ日曜日は、3月11日。
震災関連の様々な行事も多数重なる中、今日までに5名の方の申込みをいただきました。
本当にありがとうございます!!

当初予定の催行最小人数ではありませんが【開催決定】しました!
つきましては、【申込み締切りを、3月8日(木)までと延長】します。

まだ次の週末の予定は未定という女性の方、スノーシューやってみたいけど・・・という女性の方、裏磐梯もくもく自然塾スペシャル「ガールズ・スノー・ピクニック」はいかがでしょう!

ひとりでちょっと不安という方も大歓迎♪
女子だけで、雪遊び&雪の中ランチを楽しみましょう!(^-^)〃

++++++++++

『ガールズ・スノー・ピクニック』

2012年3月11日(日) 10:00〜16:00
参加費\7,350

・スタッフも女性が担当します(橋、新井、宮本)
・スノーシューは初めてという方にも安心なコースです(レンゲ沼・中瀬沼周辺)
・雪の中で、あったかランチ&スィーツも(毎日開催プログラムにはないお楽しみ)
・スィーツは「ヒロのお菓子屋さん」特製!お楽しみに♪
・締めは温泉でぽっかぽか

★申込み締切り:2012年3月9日(木)
まずは電話 0241-32-3010 まで!

+++++++++++

あ、男性の方は、ぜひ近くで「男子会」を開いてくださいませ〜(笑)。

(ちほ)


関連プログラム

磐梯山を背負ってやっほー! あったかシチューと絶品スィーツ いっただっきまーす 女子会たのしーっ

 



『週末はこんな感じ・・・』

3月に入り春を感じる週末、やってることは何時もと同じですがアウターやグローブが薄手になり装備からも春を感じられました。

今シーズンはスノーシューでガイドすることが多く、クロカンは久しぶりです。

雪の上を歩くこと自体、同じでも滑る(私のギャグではないですよ、念の為)ことが加わることで転ぶことが増し、雪遊び要素と笑顔が増えるような気がします。

まっ、天気良ければ何やっても楽しンですけどね。

勿論、スノーシューも担当しました。
不動滝に五色沼、どちらも、もくもく定番プログラムです。もう何回歩いたかな・・・

この日は珍しくみどろ沼に遊びに来てました。
そろそろ北帰行の準備でしょうか。

外は今、雨が降ってます。
春の兆しですね。

(もく)


関連プログラム

久しぶりのクロカンです 迫力不足 どうだ!青空 こんな近くに

 

 2012年3月4日(日)

『光あふれる雪の森』

今日、午前は毎年恒例となった、県内のとあるグループのプライベートツアー。行き先は猫魔平。

無風快晴。
磐梯山も猪苗代湖も見えたーっ!(猫魔平で、やっとこんな日に当たったーっ!笑)
稜線の雪は軽く、枝には霧氷。これぞツアー日和!

初スノーシューを体験した人は、フカフカ雪を歩いて「楽しい!!」、斜面で転んでは「この歳で雪まみれになるなんて!(笑)」始めから終わりまで、ズーッとハイテンションで満喫していましたね(笑)。

今年も、楽しんでいただけたようで、良かったです。ありがとうございました。

午後は、毎日開催の猫魔平ツアー。
研修生・岡崎君がガイドを担当。それに私が同行しました。
そしてお客さんは1人。コレは贅沢ですよ(笑)。

好天は続き、西日あふれる森を、歩く歩く。
少し気温も下がって、案外軽い雪。
うん、午後もイイカンジ!

少人数のゆとりなのか、のんびり、あれこれ見た割には、時間通りに終了。やりますね、岡崎君(笑)。

そして、お客さんへ。
ありがとうございました。

(まき)


関連プログラム

磐梯山をバックに、はい撮りまーす! 光あふれる森。影も雪の上にクッキリ 西日のブナの森。明るい! 1日じゅう青空に恵まれた日でした

 



『青空+無風+雪遊び=最高!』

今日はとぉっても良い天気でしたね〜っ。
午前の猫魔平ツアーを担当しましたが、もれなく「サイコーっ♪」でした。

無風。
頭の上には見事な青空。
リフトを降りれば霧氷の森。
足下にはまっ白なふっかふか雪(ちょい重はご愛敬(^^;)。

神々しく輝く磐梯山。
眼下に広がる天鏡=猪苗代湖。
ブナの森の向こうに、桧原湖や吾妻連山も見え隠れ。

どこを向いても、美しく。
雪を踏むのは、どこまでも楽しく。

ご参加のNさんAさんともに口数少なく控えめなカップルさんでしたが、心の中できっと雄叫びを上げていたに違いない?!

ともあれお天道様に感謝の一日でした。
ありがとうございました!!

(ちほ)


関連プログラム

ブナの美林を駆け下りる 霧氷の森 磐梯山を背に

 



『ブラボー!』

ブラボー!
青空の広がる磐梯山。真っ白な雪を踏みしめて、イエローフォールを目指します。

茨城から参加のT嬢達。
普段はスノーボードをしているのだけれど、たまたま見かけた写真に釣られて、もくもくのツアーに参加されました。
初めてのスノーシューでしたが、大はしゃぎの二人は十分堪能したようです。

あっという間の半日に、もっと山を歩きたかった様子。
今度は別のプログラムに参加したーい。夏になったら、シャワーウォークをめちゃくちゃやりたーい、とのことでした。

いつでもお待ちしてまーす。

(あかぬま)


関連プログラム

銅沼から見た磐梯山 岩原を登る イエローフォール前にて 帰る途中の尾根から見た磐梯山

 

 2012年3月3日(土)

『イエローフォール、どうですか?』

大雪お見舞い申し上げます。
今回は、見事な里雪でしたねー。太平洋側の方にもたくさん降ったみたいですよね。

裏磐梯はというと、20〜30cmくらい、久々のたっぷり新雪。風が無く木々の枝にのっかったままの時間が長かったなぁ。

これまでのパウダーからしたら、かなり重たい雪なのは確かです。
うん。でも、踏み心地はやっぱ楽しい♪

・・・しかし、ラッセルするのは厳しく、トレーニングと思えば最適ってところでした。
さてそんな今日は、イエローフォールツアー2往復。いぇいっ。

参加の方からも、裏磐梯スキー場スタッフからも「イエローフォール、どうですか?」と聞かれます。
雨が降り、気温が上がる日があって・・・氷が落ちてないかと心配なのです。
3月にもなれば春の兆しも感じられ、いずれそうなることは当たり前のことなのですが・・・

今日はどうかな〜とドキドキしながら歩をすすめると、遠目にも見えました!
よかったぁ、落ちてません!

黄色はちょっと抜けちゃった&しっかり着雪。
近くに立って見上げるとなかなか立派です。
まだあともう少し・・・頑張ってね、とこっそり願掛けをして後にしました。

Sさん、Yさん、Iさん、Yさん、ラッセルお疲れ様でした。
ちょっと重たい雪でしたが、皆さん笑顔で、下りを楽しんでらっしゃるのがとっても嬉しかったです。
また滑り台で遊びましょう!
ありがとうございました

(ちほ)


関連プログラム

下りたのしーっ We are 晴男晴女 なかよく並んで イエローフォールにて

 



『いい雪でした!』

またまた猫魔平ツアー。
昨日の昼から降った雪。リフトで上がってみたら、予想外にいい雪なのでした。良かった!

たくさん木が見たかった、というお客さん。
猫魔平なら、その願いは存分にかないます!(笑)

スラリとしたブナ、どっしりしたシナノキや、トチノキやホオノキ・・・。本日も、たくさん見て歩きました。

はるばる大阪から、会津や裏磐梯が好きで、以前からいらしてたそうです。
(ウインタースポーツはしないけど、スノーシューなら冬も行けるじゃない!)と気づいたそうで。

おー、その通りです!(笑)
グリーンシーズンも、次の冬も、お待ちしてまーす!

(まき)


関連プログラム

クマ棚、激写! いい雪〜!

 



『二人の淑女と』

もうすぐ震災から1年経ちます。
あれから私の生活には変化があった訳ですけど、その中で新しい出会いもありました。

大熊町から避難している方と知り合いになったのです。
そんなご縁から、今回は大熊町民の皆さんを対象にしたスノーシュープログラムを企画しました。

今日はそのプログラム1日目。
会津若松から二人の淑女が参加して下さいました。
スノーシューが初めてという小学生のKさんと、登山が趣味というTさんです。

昨晩のうちに降り積もった雪は20センチありました。
スノーシュー初体験のKさんにはしんどいか!?桧原湖にたどり着くまでに疲れきってしまうか!?と心配になったけど、無事到着!

桧原湖からの帰りは、雪の山を見つけてそり遊びをしながら楽しんできました。
結氷した桧原湖に寝ころんで、Kさんと一緒に見上げた青空がとっても綺麗でした。

プログラム開催にあたり、大熊町役場の皆さんにも大変お世話になりました。
今日の淑女のお二人、そして協力して下さった皆さん、有難うございました。

(まっちゃん)


関連プログラム

関連サイト

桧原湖目指して頑張るぞー! ひろびろ桧原湖 ベンチでポーズ♪

 

 2012年3月2日(金)

『あの小さい木と、この大木が同じ木とは。』

今日も猫魔平ツアー。
この冬、このツアーを担当する回数が多いのですが、私が行くと晴れた試しがありません(笑)。
稜線からの猪苗代湖見てない〜!(笑)

今日こそは!と意気込んだものの、雲が降りて白い景色。
リフト係の方にも「昨日はいい天気だったのにね」と言われました(苦笑)。

・・・それを追究してもしかたないので、さて置き。
前日の夜にいい天気だと、動物たちがよく行動します。

今日は、いままでになく、足跡に恵まれた日でした。
ウサギ、テン、リス、カモシカ。ウサギのオレンジ色したオシッコも見られました。

今日のお客さんたちは、何もかもに興味津々。白い景色も、幻想的と喜んでいました。
見るものたくさんで、ツアー終わらないかも?と危ぶんだってのは、今なら言えます(笑。ちゃんと時間通りに終わりましたが)。

さて、稜線あたりのブナは小さい木が多く、標高を下げていくと、大木が現れます。
小さい木でブナの冬芽を観察したあと、大木に出会ったお客さんが

「あの小さい木と、この大きい木が同じ木とは」

ああ確かに!
お客さんの驚きが、すごくよくわかりました。
猫魔平のブナの森、驚きや発見が、まだまだ見つかるなあ。

(まき)


関連プログラム

今日は貸切です! 真っ白な雪に大の字! 興味津々3人組