もくもく自然塾 コロンビアアライテントモンベル
ホーム 体験プログラム イベント/大会 裏磐梯日記 宿泊について 学習プログラム
裏磐梯日記のイメージ写真

 裏磐梯日記

裏磐梯で日々起こるあんなことやこんなことをスタッフが日記形式でお知らせします。あなたの知りたい裏磐梯が見つかるかも。

 裏磐梯日記

2013年

 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2012年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2011年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2010年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2009年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2008年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2007年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2006年

 10月〜12月の日記

※2006年9月以前の裏磐梯日記は裏磐梯日記バックナンバー(他サイト)をご覧ください。


我らが塾長"もくさん"執筆「スノーフィールドの楽しみ方」絶賛発売中!!

 

"もく"が裏磐梯エリアを執筆「スノーシュー・コースプランGUIDE」好評発売中!!

 

"まき"が一部執筆「雪と遊ぶスノーシューテクニック&フィールドガイド」好評発売中!!


磐梯エリアガイド協議会会員
裏磐梯エコツーリズム協会会員
日本レクリエーショナルカヌー協会(JRCA)公認スクール

福島県 / 裏磐梯 
『もくもく自然塾』
〒969-2701
福島県耶麻郡裏磐梯高原
曽原四季彩の丘
TEL:0241-32-3010
FAX:0241-32-3074
 

ホーム > 裏磐梯日記 > 2011年9月の日記

 2011年9月27日(火)

『裏磐梯山岳耐久レース、エントリー締切間近!』

「裏磐梯山岳耐久レース2011」にエントリーされた選手の皆さん、トレーニングは順調でしょうか。
レースまであと1ヶ月ちょっと。頑張りすぎてケガなどしないようご注意ください。

また、これからエントリーされる皆さん、エントリー締め切りまで残り10日となりました。
大会エントリーサイト「RUNNET」にて受付中ですので、お早めにお申し込みください。

「RUNNET」
http://runnet.jp/
※大会検索より「裏磐梯山岳耐久レース」で検索してください。

さて、レースの準備は着々と進んでおります。
実は、いろいろ検討を重ねた結果、各クラスとも距離が少しだけ(1km弱くらい?)延びる可能性が出てきました。

コースはもちろん前日発表!
今年はどういうコースになるのやら。
楽しみですね。

(りょう)

関連プログラム
 ・裏磐梯山岳耐久レース2011
 ・裏磐梯山岳耐久レースを完走しよう!プロジェクト

2010年大会の様子(スタート) 2010年大会の様子(トップ選手の力走) 2010年大会の様子(コースガイダンス) 2010年大会の様子(前夜祭)

 

 2011年9月25日(日)

『何歳から参加できるの?』

「カヌー体験は何歳から参加できるの?」

とはよく聞かれることです。
漕ぎ手(目安としては小学5年生以上)が2名いて、2時間の体験の中でおとなしくしていることができれば、漕ぎ手以外のメンバーの年齢制限は特にありません。

実際のところ、乳児の参加もあります。
体験中はほとんど寝てますけどね。(笑)

そう、カヌー体験のいいところは、1艇に家族みんなで乗られるところ。
家族構成によっては、なんと最大で5名で1艇に、なんていう場合もあります。

さらに、参加費が1名ではなく1艇あたり(5,250円)で設定されているので、特に小学校低学年以下のお子さんが多いご家族にはかなりお得になります。

1艇に
2名で乗れば、1名あたり「2,625円」。
3名で乗れば、1名あたり「1,750円」。
4名で乗れば、1名あたり「1,312. 5円」。
5名で乗れば、1名あたり「1,050円」。

そう、この料金で2時間思いっきり遊べてしまうのです。
さ、余った予算で別の体験プログラムにも参加して、裏磐梯をより満喫することができますね。(笑)

今日は4〜5人家族が勢ぞろい。
暑さを感じるくらい天気にも恵まれ、ご覧のとおりとても賑やかな湖上となりました。

でも、カヌー体験終了後にトムソーヤデッキ(木登りやブランコができます)で遊んでしまうと、チビッコはカヌーをやったことなんて忘れてしまうという問題があるんですよね〜。とほほ。

ま、みんな楽しそうだからいいか!

(りょう)

関連プログラム
 ・曽原湖どきどきネイチャーカヌー体験
 ・はじめてのカヤック体験

賑やかカヌー体験 暑さを感じるくらい天気にも恵まれました 家族みんなで乗られます トムソーヤデッキは子供たちに大人気

 

 2011年9月24日(土)

湖を自由に漂うカヌーたち

『服装はどうする?』

台風も過ぎ去り、さぁ、連休だ!と思ったらまた雨。
残念ながら中止になってしまった連休初日のカヌー体験でしたが、連休2日目の今日はしっかり青空です。よしよし。

とはいえ、この時期の裏磐梯らしい肌寒さ。
大雪山や富士山も冠雪しましたが、うちも昨日ついにストーブとコタツを出しましたよ〜。

先日まで暑かったのに、急な気温の低下。
皆さんも身体を壊さないようにくれぐれもお気をつけください。

無人島に到着 さて、今日のカヌー体験の服装はというと、ぼくは半袖Tシャツ、長袖Tシャツ、薄手のフリースの重ね着。これで少し暑いかなと感じる程度でした。

実はPFD(フローティングベスト。カヌー体験のときに着用します)を着ているだけでかなり暖かいのですが、皆さんそれぞれ上着を着たりカッパを着たりと工夫されていたようです。

湖上は遮るものがない分どうしても風を受けるので、風を通しにくい上着をご用意いただいたほうがいいかと思います。

もちろんその日の天気によっても異なりますが、備えあれば憂いなし。
この時期のカヌー体験にご参加いただく際の服装の参考にどうぞ。

(りょう)

関連プログラム
 ・曽原湖どきどきネイチャーカヌー体験
 ・はじめてのカヤック体験

家族みんなで乗られるのがいいですね さぁ、これからジャングルクルーズに出発!
磐梯山を望む絶好のロケーション ご夫婦で、兄弟で


今日の布滝

『9月の布滝』

ネイチャーガイドと歩く高原散歩・午後コース、9月は布滝。

久々に爽やかな秋晴れ。
布滝への道は、ブナや、サワグルミ、カツラ、トチノキといった渓谷沿いの森歩き。

木陰が爽やか・・・を通り越して、陰になった道は、肌寒さを感じる今日でした。
ついに、フリースなどの軽い上着が必要な季節到来です。

歩けば体が温まり、汗ばむこともなく、快適になる。
だからやっぱり、歩くにはいい季節。
夏の名残のセンジュガンピが咲いてたり、秋らしいクチベニタケなどのキノコが見られました。

今日は、今年になってから、何度か参加してくださっているリピーターさんが集まりました。
福島を、裏磐梯を応援してくださる頼もしいお客さんたち。
ほんと嬉しいです。力が出ます。ありがとうございます!

(まき)

関連プログラム
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 午前コース
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 午後コース
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 1日コース
 ・旬を歩く裏磐梯紀行


風は気になるけど天気はまあまあ、今日のカヤック体験

『カヌー、カヌー・・・そしてカヌー』

平日が少なかったような気がする今週ですが、9月二度目の連休は雨天で始まりました。
でも、今日は少し風が気になる程度で天気はまあまあ。さっ〜カヌーだ!

午前の参加者は昨年もご参加いただいた体育会系スパーおじいちゃん率いる、おばあちゃん+息子さんご夫婦×2+お孫さん!
陸上講習後真っ先に飛び出して行ったのは・・・おじいちゃんでした。

磐梯山をバックにカヤックは進む やっぱり血筋か、お孫さんの大ちゃんも大元気!
今日は2人艇だったけど来年は1人艇にチャレンジだ!

午後は大学時代の親友5人組。
風が気になったのは午前と同じ、だけどそこは野郎だけのグループ。
こういう時はイントラも少しだけ楽ができます。

家族で、カップルで、友達と・・・どんなグループでも湖上にでるとみんな笑顔になります。
童心に戻るのかな?(もく)

関連プログラム
 ・はじめてのカヤック体験
 ・曽原湖どきどきネイチャーカヌー体験

湖上に出ればみんな笑顔になります 次回は1人艇にチャレンジだね

 

 2011年9月19日(月)

連休初日はスポーツ少年団の子供たちとカヌー体験

『連休中大盛況のネイチャーカヌーでした』

天気が心配された9月最初の3連休でしたが、予想通り?のハズレで楽しく体験ができました。

初日は県内のスポーツ少年団、お揃いのTシャツでチャレンジです。
背中を見ると「杖球」のプリント。サッカーは蹴球、バレーボールは排球、???
実は県内唯一のホッケーの少年団!
実力は・・・だそうですが東北大会の常連(笑)だそうです。

2日目はファミリー中心のカヌー体験 でもそこは流石アスリートたち、掛け声を掛けながら素晴らしいコントロールで楽しんでいました。

2日目の参加者はファミリー中心、曽原湖ネイチャーカヌーはこうでなきゃ!
チビッ子の歓声と泣き声?で大盛り上がりでした。
少し風が出てきましたがどこの家族もリーダー役のお父さんの奮闘で無事終了です。

そろそろ天気の心配が出てきた最終日、ご覧の通り霧の中への漕ぎ出しになりましたが、参加者一同「神秘的〜」とこれまた大喜び!

3日目は霧の中で神秘的なカヌー体験 そう、こんな風景はなかなか見られません、ラッキーでしたね。

来週も3連休、10月も3連休があります。
これから紅葉シーズン、湖の真ん中から360度のパノラマが楽しめます。(もく)

関連プログラム
 ・曽原湖どきどきネイチャーカヌー体験
 ・はじめてのカヤック体験

 

 2011年9月18日(日)

地形図と実際の地形を比較するには持って来いの好天

『磐梯山にあの有名人が!』

「読図講習会」2日目。
いよいよ山での実習です。

地形図と実際の地形を比較するには持って来いの好天。
見比べていると、思わず「おおっ!」とうれしくなってしまうその気持ち、よくわかります。

課題ルートには、しっかり迷いやすいポイントも入れつつ、ランナーの皆さんにはいいトレーニングになるような激登りも入れつつ。

磐梯山にあの有名人が!(中央) 今回学んだ内容は、「裏磐梯山岳耐久レース」を完走するには十分な読図レベルです。
あとは「Step4 ロングルートを体験しよう!」でレース前の総仕上げですね。

いやぁ、それにしても今日は暑かったです。
滝のように吹き出る汗。9月の裏磐梯とは思えない蒸し暑さ。
先日45歳年下の女性と結婚したあの有名人も、かなり頭が蒸れていたようです。(笑)

(りょう)

関連プログラム
 ・読図講習会
 ・裏磐梯山岳耐久レースを完走しよう!プロジェクト
 ・裏磐梯山岳耐久レース2011


釣り橋渡れば、心地よい湖からの風に吹かれる

『ガールズ・オータム・ピクニック!』

集合場所のサイトステーションに着いたら、すでに、半分以上のお客さんが待っていた!
おかげでスタートが15分早まる(笑)。いままでにないくらい、お客さんたちの熱い期待を感じました。

最初は、桧原湖湖畔の松原キャンプ場までトレッキング。
9月にしては汗ばむ陽気で、釣り橋渡れば、心地よい湖からの風に吹かれるのでした。

さて、お腹を空きました?
裏磐梯名産の花豆に、人気が集まったお昼ごはん。
パンダおにぎり、みなさんが摘んできた笹のお皿に似合ってたかも。

ひと息ついて、お腹も落ち着いたところで、バームクーヘン作り。

笹が似合うパンダおにぎり 「バームクーヘンて、こうやって作るんだ〜」
「売ってるのも、味わって食べないとね」

参加者全員の力を結集した、できたてバームクーヘン。
ちくわみたいな姿を、まっぷたつに切ると。

「わーっ!」

現れた年輪に、歓声!(笑)
沸き起こる拍手!(笑)
そして撮影会(笑)。

それから、淹れたてコーヒーや、ハーブティと一緒に、バームクーヘンにかぶりつく。美味しくできて良かったです!

帰りの桧原湖クルージングは、スッキリした眺めの良さと、疾走感が気持ち良かったですね!
最後に、温泉でさっぱりと汗を流して、おしまい。

バームクーヘン作り 「おなかいっぱい(笑)」

・・・ん、それってリアルにおなかいっぱい、てんこ盛りな企画に、おなかいっぱいなんですね(笑)。

ガールズ企画は、この冬からスタートしました。
残念ながら地震で開催できなくなったため、今回が、私たちスタッフにとっても、記念すべき第1回になりました。

至らない点もあったかと思います。
が、みなさんの楽しそうな顔を見ることができて、ホッ。良かったです。
本当に、ご参加ありがとうございました。

次のガールズ企画は、冬。
冬ならではの遊びと、あったかランチを用意します。
ぜひ、また遊びにきてくださいね!

(まき)

できたてバームクーヘン 関連プログラム
 ・ガールズ・オータム・ピクニック

参加者全員の力を結集したバームクーヘン バームクーヘンにかぶりつく(1)
バームクーヘンにかぶりつく(2) 桧原湖クルージング


かわいいおむすびにニッコリ

『ピクニック裏話』

この秋一番の青空に恵まれて、もくもく初めての女子会企画「ガールズ・オータム・ピクニック」が無事終わりました。
参加頂いた皆さん、そしてご協力頂いた沢山の皆さん、どうも有難うございました。

この企画はトレッキングと手作りの食事を合わせた、ちょっと欲張り?の内容でした。
ともすれば慌ただしいスケジュールになってしまいそうですが、私達が大切にしたいと思ったのは、キャンプ場で過ごすのんびりした時間でした。

今回お世話になった松原キャンプ場からの、あの景色は最高ですからね。
昨日までの天気予報に随分心配したけれど、キャンプ場から見えた今日の磐梯山は文句なし!絶景でした。

反省点は沢山あるけど、まずは皆さん、どうも有難うございました。(まっちゃん)

関連プログラム
 ・ガールズ・オータム・ピクニック

バームクーヘン切ってます バームクーヘン焼き上がりました

 

 2011年9月17日(土)

座学の様子。皆さん真剣そのもの。

『読図講習会』

今年は年2回開催の「読図講習会」。
今回がその2回目となります。
初日の今日は、午前が座学、午後が平地での実習でした。

座学の担当は、毎度お馴染み、まき先生。
地図記号や等高線、磁針方位、尾根と谷など、基本的な内容を学びます。
ご覧のとおり、皆さん真剣そのものです。

実習担当はワタナベです。
まずは、コンパスの磁針を使った整置の仕方、ベースプレートを活用したコンパスの使い方などを、実際にフィールドに出て体験します。
今回は、「コレを見れば誰でもできるマル秘資料」(?)をご用意させていただいたので、自分で復習もできますね。

実習の様子。目的地の方向を確認しています。 さらに、全員で協力しながら指定されたチェックポイントをすべて回るという課題に取り組んで行く中で、現在地を特定するためのヒントの見つけ方や、先読みの重要性なども学んでいきます。

明日はいよいよ山での実習です。
今回参加された皆さんはランナーばかりなので、トレイルランニングを楽しみながらの読図となります。楽しみですね〜。

(りょう)

関連プログラム
 ・読図講習会
 ・裏磐梯山岳耐久レースを完走しよう!プロジェクト
 ・裏磐梯山岳耐久レース2011


カエルつかまえた!

『虫取り網でカエルも捕った!』

福島県内からきた、Sさんグループと一緒にレンゲ沼、中瀬沼散策。

レンゲ沼のジュンサイを触ってもらおうかな・・・と、沼を覗いたとたん、暗い水中から浮かんできたのは、なんとモリアオガエル。プカーッ。

こんなこと初めて〜!(笑)
思い切って、虫取り網で掬ってみました。
子供たちにも、代わる代わる触ってもらいました。
やっぱり吸盤が強力。インパクト強烈。

すっかり秋、赤トンボがちゃ〜んと赤くなってましたね。
トンボを素手で捕まえた、お母さん。素晴らしい!

子供たちに代わる代わる触ってもらいました 何かがちょっと動くと、なんだろう?と、すぐ反応する子供たち。
トンボ以外にも、フキバッタやツマグロヨコバイなんて小さな虫も捕まえて観察。

いつも、秋の高原散歩は、大人のゆっくり散策っていうノリなんですが、虫好きな子供たちのおかげで、今日は、まるっきり、夏の、まき隊長のノリでした。

来年の夏、またおいで〜。
トンボの種類がもっと多いからね。
川に入って、生き物捕まえる水辺の生き物探検隊も、楽しいよ!

(まき)

関連プログラム
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 午前コース
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 午後コース
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 1日コース
 ・旬を歩く裏磐梯紀行

今日の高原散歩は、まき隊長のノリ トンボつかまえた!

 

 2011年9月16日(金)

憧れの地へついにやって来ました

『憧れの地へ』

以前、Iさんが安達太良山に登っていたときに、遠くこの稜線を歩く人を見かけてからのこと。
いつか必ずここに来ようと思っていたそうです。

本日、その憧れの地へついにやって来ました!
しかもこの絶景をおかずに昼食。なんと贅沢な!
しかも安達太良本山、鉄山の山頂は踏まずにスルー。なんと贅沢な!

そう、今日の目的はピークハントではないのです。

胎内岩まではこんな崖の際を歩きます 全身を使って船明神山の岩を越え、沼ノ平を囲む稜線からの景色をひとつひとつ味わい、胎内岩をくぐり、硫黄川を流れる温泉に触れ、おまけの藪こぎも初体験。
楽しみ満載の7時間半。お疲れさまでした。

次の憧れの地「吾妻連峰縦走」へ向けて、日々、常に努力を欠かさないIさん。
応援してます!

(りょう)

関連プログラム
 ・福島の名峰シリーズ
 ・読図講習会

憧れの地で絶景をおかずに昼食 船明神山への登り
胎内岩をくぐる 藪こぎも初体験

 

 2011年9月14日(水)

船明神山への登りから見える沼ノ平火口

『安達太良山、最後まで飽きさせない好ルート』

今日は沼尻登山口から安達太良山へ。
沼尻登山口は、裏磐梯から一番近い(約30分)安達太良の登山口です。
すぐ近くには沼尻温泉、中ノ沢温泉があるので、下山後の楽しみも申し分なし。

今日のルートは、船明神山〜安達太良本山〜鉄山を経由する、沼ノ平火口の反時計回り。(←時計回りでないのがミソ)

船明神山からの下りを振り返る。一歩間違えれば奈落の底。 安達太良山のスケール感を堪能できる上、白糸の滝、障子ヶ岩、沼ノ平、石楠花の塔、胎内岩、硫黄川といった見どころも満載。
目だけでなく体でも楽しめる(←これは行ってみてのお楽しみ(笑))、ある意味、最後まで飽きさせない好ルートと言えます。

ただし、奥岳登山口からのルートのように簡単ではありません。
雨や視界不良、強風時には危険な箇所あり。登山道が不明瞭な箇所もあるため注意が必要です。

安達太良山に登るならぜひ一度はチャレンジしてほしいルートですが、そういった理由から初心者の方にはガイド登山をオススメします。

(りょう)

関連プログラム
 ・福島の名峰シリーズ
 ・読図講習会

安達太良山頂 石楠花の塔
鉄山避難小屋から見る箕輪山 胎内岩からの下りは落石注意。真ん中に延びるのが登山道。


水面に映るは、空の青。澄んだ空気は、秋の気配。

『初秋の雄国』

この頃、暑いですね。
裏磐梯も26℃と、秋にしては高い気温。
標高1000mを越す、雄国沼に行ってみました。

直射日光があたると、やっぱり暑い。
でも、木陰に入ると心地よい涼しさ。
歩道沿いにオクトリカブトの花。

ニッコウキスゲの面影はすっかり消え、湿原に、こんなにススキがあったのか、と驚かされる。
そのなかに、ポツポツとエゾリンドウの青や、ウメバチソウの白、アキノキリンソウの黄色。

水面に映るは、空の青。
澄んだ空気は、秋の気配。
気持ちいいなあ(笑)。

オクトリカブト (まき)

関連プログラム
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 午前コース
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 午後コース
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 1日コース
 ・旬を歩く裏磐梯紀行

 

 2011年9月13日(火)

圧巻の7m超え大ジャンプ!

『気分転換、今日は参加者です』

毎年夏休みの慰労と研修を兼ね、他地域で実施しているガイドツアーに参加しています。
今年はお隣り、栃木県の塩原温泉で実施しているキャニオニングに参加してきました。

東北道を南下し約2時間、何時もはガイドする側、今日は遊ぶ側、「参加者はこんな気分で来るんだ・・・」スタッフ一同納得。

「水、冷たいでしょ?」ガイドさんのアドバイスにもくもくスタッフ声を揃え「いいえ、温かいです!」そりゃそうだ、普段水温15℃だもん。

流れる、飛び込む、滑る・・・の遊びは一緒でもロケーションが違うと楽しみ方も別、圧巻は7mを超える大大ジャンプ!
チャレンジしたもくもくスタッフ3人もちょっと腰が引けました。

地域差なのでしょうがないですが実施期間は5月〜10月、羨ましいですね。
もくもくはこれから秋プログラムです。さっ、心も身体もリフレッシュしたので頑張るぞ!

(もく)

関連プログラム
 ・シャワーウォーク 〜ウォーターアドベンチャー〜 (夏休み限定プログラム)
 ・シャワーキッズ 〜ちほお姉さんと河原で遊ぼう!〜 (夏休み限定プログラム)
 ・ラストチャレンジ シャワーウォーク

滑る!(フツーに) 滑る!(ヤンチャに)

 

 2011年9月11日(日)

磐梯山頂にて

『登山日和でした』

今日は清掃登山の日。
もくもくメンバーとお客様8人で磐梯山に行ってきました。

お楽しみは弘法清水での休憩時間。
山頂から弘法清水小屋に戻って来ると、コーヒー豆がガリガリと挽かれる音と、コーヒーの良い香り。
デザートにはフルーツケーキもありました。

日頃お世話になっているお客様と磐梯山へ感謝を込めて実施した今日の清掃登山は、秋の青空と清々しい風がとっても気持ち良い一日になりました。(まっちゃん)

関連プログラム
 ・磐梯山きれいにし隊!
 ・福島の名峰シリーズ
 ・読図講習会


Fさん、掘り師になってます

『掘れば昭和』

今日は、もくもく自然塾主催の磐梯山清掃登山でした。
参加者4人。もくもくスタッフ4人。
ちんまりとした人数ながらも、八方台駐車場〜お花畑〜弘法清水〜磐梯山山頂のゴミを、丁寧に拾ってきました。

思ったより、ゴミが少ない感じがしました。いちばん多かったのは八方台駐車場。
こういう機会なので、時間をかけて、登山道に埋まったカンも掘り出してきました。Fさん、掘り師になってましたね〜。

このファンタやスプライト、昭和40〜50年代頃のパッケージデザインかなあ。

「わ〜懐かしい〜!」
「え、見たことないですよ」
「え、知らないの?」

うああ、ジェネレーションギャップ(笑)。
知ってるよ!、というかたは、たかはしが喜ぶので、今度ツアーに参加したら、ぜひ申し出てください(笑)。

和やかな天気に恵まれ、和やかに終了。あー、スッキリ!
みなさんお疲れさまでした。ありがとうございました。(まき)

関連プログラム
 ・磐梯山きれいにし隊!
 ・福島の名峰シリーズ
 ・読図講習会

掘り出した、懐かしいデザインのファンタやスプライト 和やかな天気に恵まれ清掃登山

 

 2011年9月9日(金)

大日岳山頂にて北俣岳方面をバックに(山頂の案内板をちょっと拝借して撮影)

『大日岳に日帰りで行ってみる』

全国にはいくつかの「大日岳」がありますが、このへんで「大日岳」と言えば紛れもなく飯豊連峰の最高峰のこと。

福島県内にある飯豊の登山口は、川入と弥平四郎の2つ。うち、裏磐梯から近いのは川入なのです。(約1時間30分)

川入(御沢キャンプ場)から大日岳までのコースタイムは、登りが13時間20分、下りが10時間50分。
それに途中の休憩時間も加味すると、通常は2泊3日が無難な行程。

大日岳からの帰り道。飯豊本山は遥か彼方 そんな大日岳に日帰りで行ってみよう!
と、初めから考えていたわけではなく、「とりあえず飯豊本山まで行って、あわよくば」くらいで思っていたら・・・

 6:03 御沢キャンプ場出発。
 7:35 三国小屋到着。
 9:12 本山小屋到着。
10:44 大日岳登頂。
16:07 御沢キャンプ場到着。

行けた。(写真1)
下りのほうが時間がかかっているのは、それだけ飯豊の山々を満喫していたということです。うふ。

(りょう)

関連プログラム
 ・福島の名峰シリーズ
 ・読図講習会
 ・磐梯山きれいにし隊!

本日2回目の飯豊本山 本山小屋


宮城の学生さんたちとカヌー体験

『湖上の人々に変化が・・・』

8月の後半から強風やら台風やらで中止が多かったので、何だか久しぶりの様な気がするネイチャーカヌーです。

夏休み中は家族連れが多く子供たちの歓声が響いた曽原湖も、平日はのんびり組の熟年夫婦やゼミの学生たちが主役になります。

今日は宮城から研究室合宿の学生たちでしたが、リーダーの組み合わせ点呼の名前を聞いて、ん?

秋は、夏とは趣が違う「大人のカヌー」が楽しめます 中国、韓国の留学生も一緒でした。
得意な語学?も生かせず日本語での講習でしたが解ってもらえたかな。

秋は連休が続きますが、周りの山々はこれから紅葉し始め、夏とは趣が違う「大人のカヌー」が楽しめます。
少し肌寒い日もあるのでプラス一枚用意して参加してください。

(もく)

関連プログラム
 ・曽原湖どきどきネイチャーカヌー体験
 ・はじめてのカヤック体験


野鳥の森展望台にて

『チョコレート、キャラメル』

ネイチャーガイドと歩く高原散歩1日コース、9月は堂場山探勝路と野鳥の森。
どちらも、ブナとミズナラの森を歩きます。

堂場山の路には、どんぐり探勝路という愛称がある通り、大きなミズナラのどんぐりがたくさん。
Sさんは喜んで拾っていました。

キタゴヨウの松ぼっくり、ホオノキの赤い実にも興味津々。
落ちていたヤドリギの枝が、ポキポキ折れるのも、興味津々。

堂場山も、野鳥の森にも、キノコが出始めていました。
今日いちばん大きかったキノコを撮影するSさん。

「チョコレート色のキノコがあったわ」

あ、ホントだ。
キャラメル色のキノコや、赤いの、白いの、紫の。
ポコポコポコポコ出てましたね。

野鳥の森の入口にはオクトリカブトの花。
秋、すすんできたなぁ。

(まき)

関連プログラム
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 午前コース
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 午後コース
 ・ネイチャーガイドと歩く初めての高原散歩 1日コース

 今日いちばん大きかったキノコを撮影するSさん 松ぼっくりにも興味津々

 

 2011年9月8日(木)

鏡のような湖面をすぅ〜と滑っていくカヌー

『キラキラと、ポロポロと』

鏡のような湖面をすぅ〜と滑っていくカヌー。
すぐそばを小さな魚たちが飛び跳ね、太陽を浴びた体をキラキラと輝かせながら、いくつものアーチを描いていきます。

見上げれば薄いベールに覆われたような青空。
やわらかい日射しは、まるで頬をつるっと滑ってポロポロと落ちていくようで。
ちょっと木陰に入れば確実に熟睡できるな、うん。

平日のカヌー体験、こっそり気持ちよ〜く開催中です。

(りょう)

関連プログラム
 ・曽原湖どきどきネイチャーカヌー体験
 ・はじめてのカヤック体験

 

 2011年9月7日(水)

茶臼岳山頂より三本槍岳方面を眺める

『秋は登山の季節』

秋は登山の季節です。(と、勝手に思ってます)
裏磐梯から車で2時間。今日はここにやって来ました。

見てください、この青空。
途中で話した何人かの方に「こんな日、なかなかないよ!」と言われ続け、あいかわらずの晴れ男っぷり健在です。

ウェアを吹き抜ける心地いい風。
暑くもなく、寒くもなく、この爽やかな空気が感じさせます。やっぱり秋は登山の季節なんだ、と!

朝日岳山頂より茶臼岳方面を眺める 「今日は三本槍からの猪苗代湖がいいよ」

剣ヶ峰の先ですれ違ったご夫婦が教えてくれました。
おっしゃるとおり、三本槍岳の山頂からは、猪苗代湖、そして磐梯・吾妻・安達太良の山々がすばらしく。
山仲間と初秋の那須岳を満喫したのでした。

さて、今日のルート。
峠の茶屋〜峰ノ茶屋跡避難小屋〜茶臼岳(1915m)〜峰ノ茶屋跡避難小屋〜剣ヶ峰〜朝日岳(1896m)〜清水平〜三本槍岳(1917m)〜中ノ大倉尾根〜北温泉〜峠の茶屋。

峠の茶屋駐車場には、平日だというのにあふれんばかりの車。いや、実際あふれてたな。(笑)
ついつい今年の裏磐梯とは比べてしまうわけで・・・(苦笑)

頑張ろう、福島!

(りょう)

関連プログラム
 ・福島の名峰シリーズ
 ・読図講習会
 ・磐梯山きれいにし隊!

三本槍岳の山頂からは、猪苗代湖、そして磐梯・吾妻・安達太良の山々がすばらしく 三本槍岳のポーズ

 

 2011年9月6日(火)

昨年の読図講習会の様子(ランナー編)

『読図講習会のご案内』

山岳遭難の原因において、かなりの割合を占める「道迷い」。
昨今の登山ブームの中、地図やコンパスを持参しなかったり、地図を読めない登山者は非常に多く、遭難者予備軍は後を絶たたないというのが現状です。

そこで、地図を読めるようになりたい登山者・トレイルランナーのための「読図講習会」を9月17日(土)〜18日(日)に開催します。

安全な登山・トレイルランニングのためというのはもちろん、あなたの世界を広げてくれる読図技術をこれを機会に学んでみませんか?

「読図講習会」
http://moku2-outdoor.com/mountaineering.html#map

また、9月11日(日)の磐梯山清掃登山「磐梯山きれいにし隊!」もまだまだ参加者募集中です。
あわせてご参加ください。

「磐梯山きれいにし隊!」
http://moku2-outdoor.com/mountaineering.html#clean

(りょう)

関連プログラム
 ・読図講習会
 ・磐梯山きれいにし隊!
 ・裏磐梯山岳耐久レースを完走しよう!プロジェクト
 ・裏磐梯山岳耐久レース2011

 

 2011年9月2日(金)

昨年の清掃登山の様子

『磐梯山きれいにし隊!』

来たる9月11日(日)、いつも遊ばせてもらっているフィールドに感謝を込めて、磐梯山の清掃登山「磐梯山きれいにし隊!」を実施します。

昨年は11月2週目の実施だったのですが、やはり雪の影響がかなりあるため、今年は9月に変更となりました。

「磐梯山きれいにし隊!」
http://moku2-outdoor.com/mountaineering.html#clean

年齢・性別問わず、磐梯山に登る体力と装備があればどなたでも入隊できる「磐梯山きれいにし隊」、隊員募集中です。

参加費は無料。
参加者特典として、「もくもく自然塾体験プログラム500円割引券」(裏磐梯山岳耐久レース清掃登山割引券としても利用可)をプレゼント!

皆さん、奮ってご参加ください。
お申し込みはもくもく自然塾(0241-32-3010)まで!
(※実施にあたり準備がありますので、お申し込みなしの参加はご遠慮ください)

(りょう)

関連プログラム
 ・磐梯山きれいにし隊!
 ・裏磐梯山岳耐久レース2011

 

 2011年9月1日(木)

女子限定企画、ガールズ・オータム・ピクニック

『ガールズ・オータム・ピクニック開催決定!』

9月は連休が多いですね。
まだ予定が決まっていない女性の皆さん!
ガールズ・オータム・ピクニックに参加してみませんか?

トレッキングとキャンプ場での昼食を組み合わせた女子限定のピクニック企画です。
デザートはバターと卵をたっぷり使って焼くバームクーヘン。そうなんです、みんなで作ります。
桧原湖畔でのんびり過ごした後はクルージングを楽しみ、締めは温泉入浴です。

締め切りは9月11日。
まだ定員には余裕がありますよ。
お申し込みお待ちしてます。(まっちゃん)

関連プログラム
 ・ガールズ・オータム・ピクニック

みんなで作るバームクーヘン 焼けたかな?