もくもく自然塾 コロンビアアライテントモンベル
ホーム 体験プログラム イベント/大会 裏磐梯日記 宿泊について 学習プログラム
裏磐梯日記のイメージ写真

 裏磐梯日記

裏磐梯で日々起こるあんなことやこんなことをスタッフが日記形式でお知らせします。あなたの知りたい裏磐梯が見つかるかも。

 裏磐梯日記

2013年

 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2012年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2011年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2010年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2009年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2008年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2007年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2006年

 10月〜12月の日記

※2006年9月以前の裏磐梯日記は裏磐梯日記バックナンバー(他サイト)をご覧ください。


我らが塾長"もくさん"執筆「スノーフィールドの楽しみ方」絶賛発売中!!

 

"もく"が裏磐梯エリアを執筆「スノーシュー・コースプランGUIDE」好評発売中!!

 

"まき"が一部執筆「雪と遊ぶスノーシューテクニック&フィールドガイド」好評発売中!!


磐梯エリアガイド協議会会員
裏磐梯エコツーリズム協会会員
日本レクリエーショナルカヌー協会(JRCA)公認スクール

福島県 / 裏磐梯 
『もくもく自然塾』
〒969-2701
福島県耶麻郡裏磐梯高原
曽原四季彩の丘
TEL:0241-32-3010
FAX:0241-32-3074

ホーム > 裏磐梯日記 > 2010年12月の日記

 2010年12月31日(金)

猫魔受付カウンター設置

『受付テーブル、セッティング完了!』

今日は、年末のお買い物♪
なわけなくて、猫魔スキー場センターハウスに、塾の受付テーブルをセッティングしてきました。

場所は、チケットカウンターの並び、手前です。
ツアーの様子をお伝えする写真も展示させていただきました。
パンフレットも置かせていただいてます。

見に来てねっ。
だけじゃなくて、猫魔平ツアーへのご参加、お待ちしてます(^^)。

とはいえ、猫魔平のツアーはまだスタートしてません。
年が明けてからのお楽しみ♪
・・・良い感じで雪が来ますように(v人v)。(ちほ)

関連プログラム
猫魔平ぶなの森ツアー


大晦日のイエローフォール

『大晦日のイエローフォール』

大晦日といえば。
大掃除や年賀状書き(遅いか)、コタツでみかん、紅白見ながら年越しそば。
いえいえ、大晦日といえばイエローフォールツアーでしょ!(そうか?笑)

シーズン始まりの爆裂火口のなかは、雪がしまらず、危険な場所も多々あります。思いっきり遊ぶにゃ、まだ早い。
控えめツアーでしたけど、結構ハシャいでたなあ(笑)。

最後、まーっしろな雪原歩き、みんな我が道を行ってましたね(笑)。あれは気持ちよかったですね〜!

ではみなさん、よいお年を!
来年もお待ちしてまーす(笑)(まき)

我が道を行く! 関連プログラム
磐梯山噴火口散策・イエローフォールツアー

 

 2010年12月30日(木)

今日のイエローフォール

『今日のイエローフォール』

イエローフォールツアーがようやく始まりました。
とは言っても、沼上や大岩地帯などまだ危険箇所は多く、地形に疎い方が個人で行くのはまだオススメしません。
実際、昨日のぼくたちの下見の後に入った方のトレースの一部が、非常に危険なルート取りでした。

さて、肝心のイエローフォールはというと・・・。
昨年の同時期に比べると出来はいいですが、まだまだ黄色が薄いです。

さてさて今年はどこまで成長してくれるのやら。
ひさしぶりに立派なイエローフォールが見たいものです。(りょう)

関連プログラム
磐梯山噴火口散策・イエローフォールツアー


ガールズ集結!

『ガールズ・スノー・ピクニック☆予行〜!』

もくもく自然塾女性スタッフ3人が、総力をあげてお贈りする『ガールズ・スノー・ピクニック』。
企画を練り上げるべく、本日、予行実施。

本番の参加者が女性限定なので予行も女性に集まっていただきました。うん、華やかだった!
私にない(え)華やかさがあふれました。いいですねえ、いいですねえ(笑)

ランチはみなさん絶賛〜!
かなり試行錯誤したので嬉しい〜。
スタッフいち押し、ヒロさんの花豆モンブラン(野外バージョン)も、これまた絶品!
裏磐梯特産の花豆を使ったケーキです。

絶品、花豆モンブラン スノーシューで遊んで、雪のなかでランチとスイーツを楽しんだら、温泉に入って帰るというオイシイ企画・・・それが『ガールズ・スノー・ピクニック』。

開催は2011年3月13日。
女性のみなさん、これはオススメですよ〜!(まき)

関連プログラム
ガールズ・スノー・ピクニック


快適五色沼ツアー

『今日は快適五色沼ツアー』

大雪の後、大汗かいて腰までラッセルをしたのが嘘のような本日、快適なツアーでした。
天気にも恵まれ(予報では崩れるはず・・・)冬のツアーはこれじゃなきゃ、ねっ!

参加者はご家族、お父さんはmyスノーシューにマムートのジャケット!
ただ者じゃない・・・と思ったらやはりバックカントリースキーを楽しむそうで、納得です。

前日グランデコでスキー、帰る前にちょこっと歩こうかな? とっ、言う訳でご参加いただきました。

裏磐梯はこんな遊び方に最適フィールドです。
スキーヤーも、スノーシュアーも雪遊び天国、裏磐梯だ!(もく)

関連プログラム
神秘の五色沼ツアー
バックカントリースキー

 

 2010年12月29日(水)

今シーズン初不動滝

『小野川不動滝へ・ふたたび』

前回26日午後にはあえなく敗退した小野川不動滝へ、ふたたびの下見に、まちこさんと、今回はもくさんも一緒に、行ってきました。

ちょっと重ための雪で、多少のラッセルではありましたが、26日の沈み具合からしたら全然軽い?!
今回は、無事、不動滝に会えました〜〜!!

相変わらず、動物さんたちの気配も濃くって、良い感じ。
いよいよ『厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー』もスタートです。

※滝の近くは下が抜ける危険箇所もいっぱいです。個人的に行かれる方で地形に明るくない方は不用意に近づかないよう十分な注意が必要です。

ここはダイジョブよ ・・・
明日からまた寒波到来とのこと。また深雪になるのかにゃ〜〜(^^;)。(ちほ)

関連プログラム
厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー


イエローフォールは薄ら黄色

『お待たせしました!イエローフォール解禁』

積雪が少なく開店休業状態だったイエローフォールツアーですが、皆さんご存知、先週からの大雪でやっと解禁になります。

今日、スタッフに「下見だよ!全員集合」の声かけをしてラッセルしながらの下見でした。
銅沼や大岩の周り等、危ない場所はまだまだ沢山有りますが、もくもくのツアーとしては大丈夫の判断です。(地理不安な方はまだ行かない方が良いです)

下見の大切さは実際のツアー時には解らない影の部分ですが、私たちはとても重要な部分だと思っています。
誰かに聞いたとか、多分大丈夫だろうでは「高いクオリティーと安全、そして楽しい」は提供できない。これが私たちの考えです。

ちょっと堅い話になってしまいましたが、取りあえず明日からイエローフォールツアー実施します。(もく)

不動滝ブルーアイスツアーも明日から実施します。
初めてのスノーシュー森と湖上のネイチャーツアー五色沼ツアーは既に実施しています。
猫魔平ツアーはもうしばらくお待ちください。

関連プログラム
初めてのスノーシュー体験
森と桧原湖上のネイチャーツアー
神秘の五色沼ツアー
厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー
磐梯山噴火口散策・イエローフォールツアー
猫魔平ぶなの森ツアー

 

 2010年12月27日(月)

雪にダイブ!

『中瀬沼の展望台まわりの道も開通〜!』

今日は、11月に裏磐梯で開催された山岳会の研修でご一緒になったO嬢さんが、今度はお友達N嬢さんを誘って遊びに来て下さいました。
「パンフレット見て、速攻で決めて来ましたよ〜(^^)v!」・・・なんて嬉しいこと〜〜♪

午前のプログラム「初めてのスノーシュー体験」に参加ということだったのですが、今日の積雪状況ではまだ休暇村周辺は難しい(藪が隠れきっていなく、雪もしまってないので危険)・・・ということで、昨日の午後もくさんがラッセルしてくれたレンゲ沼・中瀬沼を歩いてみることに。

らっせるトレーニング さすがに踏み跡があるところは、なんて歩きやすい!!!
中瀬沼の展望台まではさくさくと進んでいってしまいました。

踏み跡はそこでおしまい(足跡の主は折り返した模様)。周回する方向へはノートレース。さて、どうしようかな。
気力体力十分そうなお二人だし。よし、ラッセルもがっつり体験しちゃいましょうっ!

「うわー、これはすごいトレーニングになりますね〜〜」・・・さすが山岳会の研修に参加されるだけのことはある方の台詞。なんて頼もしい。

のぞき穴開通 ラッセルを楽しみつつエッチラオッチラ進んでいたら、後ろから、あるご夫婦が追いつかれました。
「がんばってるねー。ここまで楽をしてもらったから、どれ、俺らも手伝うかぃ」とのお申し出を、有り難く受けさせていただきました(笑)。

5人で交代しながらラッセルして、中瀬沼展望台への周回コースも無事開通いたしました。

お昼をはさんで午後ももう少しスノーシュー体験を続けたのですが、OさんNさんはへたれることなく元気だぁ〜。
雪にダイブしたり、かけおりたり、雪穴を掘ってみたり、人工物(看板など)の上の雪を落としまくったり・・・めっちゃ楽しまれてる様子が、何より嬉しい1日でした。

え。次はクロカン体験にいらっしゃるんですか?
なんてステキ。お待ちしてます(^0^)〃!!(ちほ)

関連プログラム
初めてのスノーシュー体験
森と桧原湖上のネイチャーツアー
初めてのネイチャースキー体験&ツアー


この通り銀世界です

『楽しい季節がやって来た』

五色沼探勝路をお客様とスノーシューで歩いてきました。
探勝路内の森に入ると冬の冷たい風も落ち着いて、林の中はこの通りの銀世界です。

ふわふわ雪がくっついた木々の間をのんびり歩いてきました。
というか、ラッセルが大変でのんびりになっちゃったんですけどね。

夏のこの道はすごく混んでいるけど、今日は誰とも会わず、まさに貸切の静かな五色沼。最高でした。(まっちゃん)

ふわふわ雪がくっついた木々の間を歩きます 関連プログラム
神秘の五色沼ツアー


五色沼、開通!

『五色沼、開通!』

100cmドカ雪の翌日の今日も雪。さらに10cm追加。
しばらく雪遊びには困らない(笑)。
むしろ、手加減してくださってもいいです、空の神様(笑)。

五色沼スノーシューツアーはラッセルか・・・と行ってみると、桧原湖側からトレースがありました。
しかし喜びは短く(笑)1つ目の柳沼の奥でトレース終了〜。

でも、今日は私の他に、まちちゃんが研修で参加。
そしてスノーシュー持参のチョー常連、Mさんもラッセルやる気満々(笑)。3人で膝ラッセルを交代しながら、道を開拓。
スノーシュー初体験のHさんご夫妻が、後ろからシッカリ踏み固めます。

斜面降りにトライ! 雪景色の見事さや、イタチ、テン、ウサギ、キツネの足跡などなど、歩けば見所満載で、やっぱりツアーしてよかった!
Mさんは、気持ちいい軽い雪に、斜面降りにトライ!

そして赤沼で、毘沙門沼方面からのトレースを発見! やったー! これで五色沼全線開通〜。
4時間たっぷり楽しんだツアーになりました(笑)。(まき)

関連プログラム
神秘の五色沼ツアー

 

 2010年12月26日(日)

雪に埋もれる

『シーズン初・五色沼は、記念すべきハードラッセルでした』

一昨日の晩から雨が雪に変わったなーと思ってたら、昨日からはモノスゴイ勢いで雪が降り積もってきました。
今朝は軽く・・・80cm?いや、もっと??しかもまだまだ降ってるし。

スノーシュー『神秘の五色沼ツアー』が、本日めでたくスタートなんですけど・・・。ううむ。
こらー、ラッセル必至、最後まで行けないかもしれないなぁ・・・なんて思ってたらば、利用する予定の路線バスも[大雪で動かず、先行き見通しも立たず]という事態になってました。

森は膝ラッセル わはは。そういうことかー。
しからば[通常の逆コースで行けるところまで行って折り返す]ということで、今回スノーシュー初体験のNさんご夫妻と3人で、覚悟を決めて、出発〜〜。

結果、9〜12時の3時間で、ロイヤルホテルから毘沙門沼までの往復コースとあいなりました。
いやー、五色沼ツアーで、よもやこれほどハードなラッセルを体験できるとはっ。

一番深くて腰まででしたね〜。
レンタルのスノーシューを大きいサイズにしたんですけど、よく沈んでくれました。つか沈むしかないというか。
毘沙門沼が見えたとき、ほんとに、感激ひとしお、でした。

「大変だったけど、でも、ふっかふかで、雪に埋もれるのも楽しかったわ」

・・・よかったぁ!
Nさん、これを面白がれるのは才能と思います。
懲りずにまた遊びにおいでくださいねっ。今度は五色沼、ぜんぶ見に行きましょう〜〜。(ちほ)

関連プログラム
神秘の五色沼ツアー


年末恒例の鬼ラッセル

『吹雪の中、泳ぐようにラッセルしてまでくろがね小屋にクリスマスパーティーをしに行くツアー』

へ、ようこそ。
いや、このツアーはそんなタイトルじゃなかったはずだ!

という流れがすっかり定番化しつつあります。
高速道路が通行止めになったのも高速バスや電車が運休になったのもこれもすべて、毎度大寒波とともに仙台からやって来るKさんご夫妻が原因のようです。(笑)

さて、「安達太良山スノーシューツアー」2日目。今日も吹雪。
泳げるほどに積もった雪に一歩足を踏み込めば、まるで底なし沼のように体が沈んで行きます。

これまたすっかり年末の恒例になってしまった鬼ラッセル。
ときに、スノーシューを履いた状態で首まで埋まるほど。
くろがね小屋から奥岳登山口までがまるで永遠のように感じます。

埋まる〜 はじめはぼくたちが先頭を進んでいましたが、気づけば20人ほど(くろがね小屋に宿泊した登山客全員?)に膨れ上がったラッセル隊。
みんなで協力し合い、ただただ雪をかきわけて進みます。

八の字手前で登りグループと対面したときは、お互いに大喜び。
結局下山まで5時間近くを要したのでした。

さらには、駐車場の車が埋もれて雪山になっているというオマケ付き。(登頂してやろうかと思った。(笑))
掘り出すのに時間がかかりましたとさ。

皆さんお疲れさまでした。
ま、こういう体験も楽しいじゃないですか。(笑)(りょう)

関連プログラム
安達太良山スノーシューツアー

ラッセルがなくなると笑顔が戻る 駐車場の車が雪山に


案内板もウサギ年の装い?

『やっと降りました。でもこれって・・・・』

積雪不足でスキー場オープンが遅れ、年内中は無理?と思いきやサンタさんからの贈り物は何と100cmを超える大雪でした。

物事には限度が大事!
とはいえこれでほっとしました。

さ〜てこれで毎日開催スノーシュープログラムも無事開催!
なのですが屈強自慢のもくもくスタッフもラッセルにはもうヘロヘロ。ショートカットコースで実施でした。

スノーシューツアー始まりました! 積雪が落ち着いたらイエローフォールの下見に行って来ますので次回報告をお楽しみに!(もく)

関連プログラム
初めてのスノーシュー体験
森と桧原湖上のネイチャーツアー


やっといい雪が積もって来た25日

『小野川不動滝へ』

昨日は「やっといい雪が積もって来たね」なんて言いながら五色沼探勝路を歩いていたのに(写真1)、今日は膝上までの雪の中を歩く事になりました。

積雪は一晩で1メートルを超えたようです。
スノーシューで歩いていても体は50センチ沈みました(写真2)。

締まっていない雪の上を歩くのは体力が要ります。
下見で小野川不動滝を目指して出かけたものの、時間切れで途中で帰ってきてしまいました!
根性が無くてスミマセン。

雪の中にストックをさしたら、ちゃんと地面のアスファルトまで刺さりました。
夕方には久しぶりに晴れましたから、少しは雪も締まったかな。

積雪が一晩で1mを超えた26日 ふわふわ雪で遊ぶのは気持ちいいですよ。
もう少し積もったら雪の中で泳げるかも・・・?
皆さん、ふわふわ雪を楽しみにどうぞ出かけ下さい。(まっちゃん)

関連プログラム
神秘の五色沼ツアー
厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー

 

 2010年12月25日(土)

くろがね小屋の風呂

『こうして夜は更けていく』

今年もやっぱり来たか、クリスマス寒波。
それと同時に、もくもく自然塾の冬プログラムもいよいよスタートです。

つい先日まで「スノーシューいらないね」なんて言ってたのがウソのように、一面の銀世界。
というと聞こえはいいですが、吹雪とラッセルのオマケ付きなのです。安達太良山のイケズ〜。

そう、「安達太良山スノーシューツアー」は、強風吹き荒れる中で幕を切りました。
案の定、ゴンドラは動かず。一行は、奥岳登山口からまっすぐくろがね小屋に向かいます。

ラッセルが必要な分、いつも以上に時間がかかるのもやむなし。
吹雪にもまれながらそれでも歩を進めるのは、その先にくろがね小屋という楽園が待っているから。

食事付き、温泉あり、寝具あり。
あのダルマストーブで暖をとっていると、ここまでの苦労の道程も、外が猛吹雪ということも忘れてしまうのです。
くろがね小屋の夜は、そうやって更けていくのです。(りょう)

関連プログラム
安達太良山スノーシューツアー

くろがね小屋の夕食はカレー クリスマスなので手作りケーキ背負ってきました

 

 2010年12月21日(火)

探勝路はOK

『スノーシュー下見に行ってきましたけど・・・・』

いよいよ今週末から毎日開催のスノーシュープログラムが始まるのでコース下見に行ってきました。
とは言ってもご存じの通り、雪不足、何処を歩けば良いのやら???

休暇村ネイチャーコースは通常の1km,3kmは藪だらけでNG(沢にはまってしまいました)、散策路として整備されているコースは大丈夫です。

とは言え、雪不足は否めず 中瀬沼・レンゲ沼周辺も探勝路上はOK。
五色沼、不動滝は長靴でOK・・・こんな所でしょうか。
まっ、24日からのクリスマス寒波に期待しましょう。

イエローフォール、猫魔平は積雪が有り次第下見に入って最新情報をお知らせしますので「裏磐梯日記」のチェック、お忘れ無く。(もく)

関連プログラム
初めてのスノーシュー体験
森と桧原湖上のネイチャーツアー
神秘の五色沼ツアー
厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー
磐梯山噴火口散策・イエローフォールツアー
猫魔平ぶなの森ツアー


安達太良山のポーズ

『安達太良山のポーズ』

安達太良高原スキー場は一部オープンしているものの、山頂方面に向かうゴンドラは運休。
勢至平経由で峰の辻から山頂へ行きますか。

うーん、雪はあるけど、スノーシューいらないな・・・。
山頂直下で一度履いただけで、あとは担いでました。
朝は晴れていたのに、山頂に近づくあたりで雲が出始める。

着いたー!
ん? りょう君が「安達太良山のポーズ!」をとってる(笑)。

山頂には乳首と呼ばれる、ポコンと飛び出た部分があるんですが(りょう君の後ろがそれです)、りょう君の頭上の手の形がそれです(笑)。
風が強めで厳しい状況なんだけど、なにやってんだか(笑)。

くろがね小屋に降りて、ストーブでぬくぬく。くつろいでお昼を食べる。
はあ〜冬のくろがね小屋は最強(笑)

今週末のツアーまでに、もうちょっと積もるかなあ。
参加者のみなさんも、雪ごいをよろしくお願いします!(まき)

関連プログラム
安達太良山スノーシューツアー

山頂直下 くろがね小屋のダルマストーブ。ぬくぬく幸せ

 

 2010年12月19日(日)

裏磐梯から来ました「雪だるま」です

『雪だるまより』

裏磐梯から来ました「雪だるま」です。
朝5時半に気温マイナス4度の裏磐梯を出発し、ナムチェバザール水戸店に来ました。
いい天気です。ちょっと暑いです。

今日はもくもくのキャンペーンです。
スタッフのみんなはナムチェバザール水戸店にいらしたお客さんに、パンフやリンゴを配っています。
「リフト券が」とか「宿泊券が〜!」とか言いながらジャンケンをして何やら盛り上がってます。

そうそう。
時々カッコイイ自転車に乗った人達が、ボクの脇を通って自転車ごと店内に入って行くのも気になります。

ナムチェバザール水戸店 お店から出てくるお客さんは、リボンが付いた包みを持っている人が多いです。
そういえばもうすぐクリスマス!

25日からもくもくの冬のプログラムが始まる予定だそうです。
スタッフのみんなは楽しみにしています。
雪だるまでした。(まっちゃん)

ペア宿泊券ゲット! もりんちゃんも登場


WILD-1仙台泉店でのキャンペーンの様子

『キャンペーン終了 いよいよプログラムスタート! 』

「裏磐梯がやってきた!」は先週の新潟に引き続き今回はWILD−1仙台泉店の駐車場を会場に実施しました。

新潟はみぞれ交じりで冬を感じ「さっ〜スキーだ!」
ところがやっぱり太平洋側違う!

風が吹けば肌寒さも感じますがぽかぽか陽気でスキー気分は何処へやら?
隣で同時実施のスノーピークダッジオーブン実演試食に舌鼓、美味い!

あれ?
千帆ちゃん(先週のジャンケン最弱王)が居ない・・・
店内でお買いもの。さすがもくもくスタッフ???マイペースです。(ちゃんと仕事しましたよ念の為報告)

今回大都市圏で初めてのキャンペーンなので多少の不安もありましたがそこは図々しいもくもくスタッフ、無事終了です。
これで冬の下ごしらえはすべて終了、後は雪を待ってプログラムスタートを待つばかり。
今シーズンのご参加お待ちしてます。(もく)

 

 2010年12月14日(火)

冬山のリスクについて話す渡邊と真剣に耳を傾ける受講者

『冬の安全講習会』

裏磐梯エコツーリズム協会主催【エコツーカレッジ】は、裏磐梯に関する多様な内容で企画されます。
どなたでも参加できます。

14日は『冬の安全講習会』でした。
もくもく自然塾の渡邊が講師を担当。
もくもくスタッフは、研修として全員参加です。

講義は主に、雪山で危険な目に遭う前に、山に行く前にいろいろ準備して回避しましょう(出来ることはたくさんある)という内容でした。

簡単なことだけど、それをキチンと心がけてやることで、雪山で危険を避けられ、楽しめるようになるという話です。

ビーコン ガイドに携わらない人も参加していました。
後で訊ねたところ「雪山に対する心構えがわかった」とおっしゃってました。
私は(ガイドしていて、お客さんに伝えたいことを話せてるな〜)と思いつつ聞いてました。

講義の後は、雪崩で埋まってしまった人を救助するための道具・ビーコンの使い方講習会。
ビーコンを知らないという初心者はもくさんが担当。経験者は渡邊担当で実施。

バックカントリーボードツアーの参加者に、時間を費やして、ビーコンの使い方を教えている渡邊だけに、分かり易い講習でした。(まき)

 

 2010年12月12日(日)

わかさぎ釣り券ゲット!

『最弱王、大活躍!』

シーズンイン直前。
もくもく自然塾スタッフがお土産を持ってあなたの街にお邪魔する、恒例の「裏磐梯がやって来た!」キャンペーン、ついに始まりました!

今日はWEST三条店さん(新潟県三条市)を担当。
登山・クライミング・サイクル・カヤック・ルアーフィッシングなど、アクティブなアウトドアをメインに商品を展開しているお店です。
クライミングウォールも併設しており、今日のような雨の日も楽しめます。

WEST三条店 今日はセール最終日。
さらにはクライミングコンペとも重なり、オープン前から車がどんどんやって来ました。
そんなコアな層が多いのかと思えばファミリーもとても多く、地元で愛されているのが伝わってきます。

キャンペーンに合わせてお店が用意していたのが、無料で配る大鍋のポトフ。
皆さん「ウマイ!」と満足そうでした。(確かに旨かった!)

その傍ではリフト券やわかさぎ釣り券、宿泊券争奪の熱いじゃんけん大会が繰り広げられ、もくもく自然塾の"じゃんけん最弱王"宮本ねーさん大活躍で三条の熱い一日は幕を下ろしたのでした。

来週はナムチェバザール水戸店さんにお邪魔します。
遊びに来てね。(りょう)


WEST新潟店

『新潟キャンペーン』

12日はWEST新潟店さんでキャンペーンでした。
裏磐梯から磐越道使って2時間。新潟は近い!

雨や霰が降る寒い日でしたが、WEST新潟店さんのコンソメキノコスープ無料サービスが、立ち寄ったお客さんを温めてくれました。

恒例、スノーピーク焚き火台も大活躍。
おかげでもくもくスタッフも、温まりながらのキャンペーン。

お買い物したお客さんに、リフト券やワカサギ釣り券、宿泊券が当たる抽選と、もれなく福島のおいしいリンゴプレゼント。
ぜひ、冬も裏磐梯に遊びに来てくださいね。
来てくださったお客さん、WEST新潟店さんありがとうございました。

19日はナムチェバザール水戸店さんと、WILD1仙台泉店さんに、もくもく自然塾スタッフがキャンペーンに行きます。
お近くのみなさん、ぜひ遊びにいらしてくださーい!(まき)

もくもくキャンペーンブース 焚き火台も大活躍


WEST新潟店

『これをやらないともくもくの冬は始まらない』

スキー場も一部コースで滑走可能になった裏磐梯ですが、まだまだ積雪は少なくスタッフ全員「冬モードにならないんだよね〜」の声。

そんな声の中、シーズン直前恒例のショップ店頭キャンペーンがアウトドアショップWEST新潟、三条の2店舗同時開催でスタートしました。

福島産美味しいリンゴプレゼントやスキー場のリフト券、ペンション宿泊券、ワカサギ釣り券が当たる抽選会等、毎年大盛り上がりするのですが今年は近隣のスキー場がオープンしていないせいか今一つ?
でも店が用意してくれた温かスープの無料振る舞いと抽選当選者は大喜びで無事終了しました。

来週(12/19)はナムチェバザール水戸店、WILD−1仙台泉店の店頭をお借りして開催しますのでお近くの方、是非お越しください。(もく)

※写真はWEST新潟店です。

 

 2010年12月7日(火)

オニバスをかたどったテーブルから顔を出すと・・・

『福島潟へ』

今日はもくもくのスタッフと日頃お世話になっているガイド仲間と共に、新潟市の福島潟へ行ってきました。

福島潟は「オオヒシクイ」という雁の越冬地として知られています。このオオヒシクイをじっくり観察してこようと出かけてきました。

現地では福島潟が一望できる観光交流施設「ビュー福島潟」のレンジャーさんに案内してもらいました。

館内の展示も面白かったです。
6階展望ロビーにはオニバスをかたどったテーブルがあり、帽子をかぶって丸い穴から顔を出すと、写真の通りです。
福島潟はこのオニバスの北限自生地でもあるそうです。

レンジャーさんに案内してもらいました ここだったらいろんなトンボも見られそう・・・。
ぜひ他の季節にも来てみたいと思いました。

新潟から戻ると裏磐梯もかなり冷えていました。
夜になって雪が降りだしましたが、積もる程にはならなさそうです。(まっちゃん)