もくもく自然塾 コロンビアアライテントモンベル
ホーム 体験プログラム イベント/大会 裏磐梯日記 宿泊について 学習プログラム
裏磐梯日記のイメージ写真

 裏磐梯日記

裏磐梯で日々起こるあんなことやこんなことをスタッフが日記形式でお知らせします。あなたの知りたい裏磐梯が見つかるかも。

 裏磐梯日記

2013年

 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2012年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2011年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2010年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2009年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2008年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2007年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2006年

 10月〜12月の日記

※2006年9月以前の裏磐梯日記は裏磐梯日記バックナンバー(他サイト)をご覧ください。


我らが塾長"もくさん"執筆「スノーフィールドの楽しみ方」絶賛発売中!!

 

"もく"が裏磐梯エリアを執筆「スノーシュー・コースプランGUIDE」好評発売中!!

 

"まき"が一部執筆「雪と遊ぶスノーシューテクニック&フィールドガイド」好評発売中!!


磐梯エリアガイド協議会会員
裏磐梯エコツーリズム協会会員
日本レクリエーショナルカヌー協会(JRCA)公認スクール

福島県 / 裏磐梯 
『もくもく自然塾』
〒969-2701
福島県耶麻郡裏磐梯高原
曽原四季彩の丘
TEL:0241-32-3010
FAX:0241-32-3074

ホーム > 裏磐梯日記 > 2007年1月〜3月の日記

 2007年3月25日(日)

青空の下、ハイクアップ

『食いっぷり大賞』

この週末は「山小屋泊バックカントリースノーボード 至れり尽くせり編」。
何が至れり尽くせりなのかというと、山小屋が食事あり、寝具あり、温泉ありなところ。泊まりなのに、荷物が少なくて済むわけですね。

さて、初日。青空ですね。(写真1)
2時間強のハイクアップ。写真や動画を撮りつつ、裏磐梯では味わえない長めのオープンバーンを1本。(写真2)

至れり尽くせりな山小屋「くろがね小屋」での夕食はカレー。うちのパーティーはノルマ3杯ね(笑)
はい、おめでとうございます。皆さん、本日の食いっぷり大賞受賞です(笑)

気持ちいい〜! 寝部屋に戻り、今日の滑りを写真や動画で確認しつつ、アルコールも入ると、ひとり、またひとり落ちていく。

2日目。あいにくの雨。
朝食は・・・うちのパーティーはもちろんおかわりしてね(笑)
今日は、初日に滑った沢筋を45分ほど登り、ドロップイン地点を変えて1本。雨のおかげで昨日と違ってザケザケの雪。こんな雪でも、山を滑るのはやっぱり気持ちいいものです。

そして最後の1本は、ある意味、刺激的なルート。自分の意思とは無関係に見事に岩を擦った人、土を削って春の香りを感じさせてくれた人。。。難度の高さにヤラれる皆さん(笑)

お疲れさまでした。(りょう)

 2007年3月24日(土)

目を閉じている人へのサポート

『見えない先の光のために・・・』

福島県立盲学校のスキー教室のボランティアスタッフのための、障害者スキー講習会を開催しました。

ハンデを抱えた子供達が社会に参加するためのお手伝いをしている方々の熱心に取り組む姿に感動しました。

今回は盲学校の先生達も参加して、活発な意見交換やスキルアップのための内容の濃い取り組みが出来ました。

ツアーでのティーブレイク 午後はクロカンの楽しさを実感するべくツアーに出発。天候にも恵まれ最高の一日となりました。(いけ)

 2007年3月21日(水)

ボス猿Pさん

『雪猿』

やっぱり雪は良いですね。
スノーシューでもスキーでも、フカフカの雪を踏みしめて山に入る瞬間は、何回やっても心躍ります。
暖冬といいながらもパウダー裏磐梯を復活させてくれた今回の寒波には、感謝、感謝です。

さて本日は、裏磐梯のボス猿Pさん率いるテレマーカー3人ボーダー1人のメンバーで来シーズンの下見を兼ねた裏山ツアー。

心躍らせながらのハイクアップ パウダースノーに心躍らせながらのハイクアップ。
そして弱層テスト後、休む間もなくオオシラビソ、ブナの美林をパウダーを撒き散らしながらとにかく落ちる。

「フォーーッ! ヒォーーーッ! ドーーーンッ!」

あまりの気持ち良さに、雪猿と化した裏磐梯サル軍団の雄叫び(奇声?)が山々に木魂する。
サルは、滑るだけじゃありません。転げ落ちるのも、雪面に突き刺さるのも大得意。
のんびりしたいウサギも大迷惑とばかりに逃げていく。

カラフルなウェアを真っ白にしながら山を駆け巡った1日でした。
皆さんもぜひ裏磐梯サル軍団に仲間入りしてください(笑)(けんじ)

 2007年3月20日(火)

いよいよ冬到来??

『この時期にこんな良い状態です』

3月に入ったばかりの頃「もうこれで春だね〜」が挨拶でした。
ところが弱いながらも冬型気圧配置はダラダラと一週間も続き、「いよいよ冬到来??」と思ってしまうほどのパウダースノーをプレゼントしてくれました。

桜の開花がニュースで流れ春を感じながらも、裏磐梯はまだまだ冬営業中です。(もく)

 2007年3月18日(日)

こでらんにブナ太郎

『こでらんに』

今シーズン最後の寒波だろうか。
ふわふわ舞うような雪の降る中、高曽根山の北東斜面を目指しました。
もくもくと雪を蹴散らし、高度をかせぐスノーシューツアー一行。
日本一のブナの巨樹を一目見ようと、焦る気持ちを抑えながら進みます。
標高1200メートル地点の尾根の突き当たりから、右手の斜面を一気に下るとブナ太郎が現れるんだなー。

「あったー!」

今年もブナ太郎は倒れないでいてくれました。
あまりの大きさに感激の声。写真ではいまいち大きさが伝わってきませんが、頭の後ろのこぶの下あたりで直径6メートル20ぐらいあります。
まっすぐ空に向って大きく枝を広げる勇姿は、まぎれもない日本一のブナ太郎です。一度見に来てくださいな。

「今度は6月に会いにくるからね」

ふかふかの雪を踏みしめながら、こでらんに雪遊びを満喫して帰ってきました。
こでらんにとは「魅力的でたまらない」そんな意味の地元ことばです。
さあ、これから天気も落ち着いて、雪山遊びのシーズン最高潮ですね。(あかぬま)

 2007年3月17日(土)

いい笑顔でした

『新・三種の神器』

えー、今シーズンもこの季節がやってまいりました。
昨年に引き続き、数少ないご要望にお答えして(笑)臨時開催です。
バックカントリースノーボードツアーStep1。

初バックカントリー、初スノーシュー、初荷物背負ってのライディングと初めて尽くしのお客さん。
「バックカントリー三種の神器と言えば?」の質問に、間髪入れず「板!」。
ええ、まあ、そうですね。そりゃ、板がないと滑られないですけども・・・(笑)

「気持ちいい〜!」

でしょ? でしょ?
さっきまで眉間にシワ寄せてゼーゼー言って歩いてた人と同じ人とは思えません(笑)
いい笑顔でした。(りょう)

 2007年3月11日(日)

夕日を浴びて

『あー、うめえ!』

ここは、夕日を浴びながらのハイクアップが絵になります。
夕日を背に受けながらのライディングが絵になります。

小屋に戻り、寝床と食事の準備。
静か・・・とにかく静かです。下界にはない静けさ。
フツーのインスタントラーメンが、この雰囲気でごちそうに早変わり。

「あー、うめえ!」

揺らめくランタンの明かりに照らされながら、シュラフに包まれゴロゴロ。
いつもの日帰りツアーとは違うザックの重さに、疲れ具合も違うのか19:30にはそのまま就寝。

ランタンの明かりに照らされて ・・・

ふと目が覚めて、時計に目をやると6:00!
寝る子は育つ! いや、寝過ぎです。のんびり朝食をとり、出発。
吹雪の中を秘密のルート(笑)で下山しました。

そして、締めはやっぱり温泉でまったり。
「山小屋泊バックカントリースノーボード 男前編」な週末。(りょう)

 2007年3月10日(土)

さるなしブランコ

『さるなしブランコ』

不動滝スノーシューツアー、女性3人。
コケに喜び、落ちてたヤドリギの茎と葉見て「一体化してる」と言ったり、リアクションがポンポンあったり、いろんな事を面白がってた。

今シーズンは雪が少なくてつるの位置が高くなっちゃったから、もうやらなくなってたんだけど・・・
この人達、ブランコやったら面白がるぞ〜。うん、是非ともやってもらいたい(笑)

つるにぶら下がっておさえてる間にブランコする人が乗っかる。乗るのもちょっと大変。
だけど、そのかいはありましたよね(笑)(まき)

 2007年3月4日(日)

青沼の色にどきっ

『この世のものとは』

朝、雨がぱらりと降ってどうなることやらって空模様でしたが。
ツアーが始まると風もなく、暑くも寒くもない、気分ゆったりな天候。よいよい。よいツアーです。
五色沼は弁天沼のはじっこがちょっと凍ってるくらいで、全ての沼の水面開きました。雪はまだあります。白と水の色の対比がすてきな時です。

日に日に微妙に色が変わる五色沼。柳沼の次に現れる青沼は何度も見ているとゆーのに、今日はどきっとしました。

だけど口からでるコトバは「きれい!」なんて乏しい表現力(泣)

不思議だなあ。
こんな色が自然に生まれるなんて。
不思議だなあ。(まき)

 2007年3月1日(木)

安達太良山とスワローテールボード

『スワローテール』

そんな板見たのは初めてだった。
ボード板の後ろがツバメの尾みたいに割れている。りょう君の新しい板だ。
彼はこれを担いで安達太良山に登った。今日はツアー下見。私はスノーシューで同行。

樹林帯を抜けた山頂付近は強い強い風。歩いていても押し戻されるし、雪のかけらや岩屑が、目に顔に体にぴしぴし飛んでくる。
晴れているのに体温が奪われ、顔や耳が凍傷寸前。
りょう君は板を担いだ分大変さが増していた。時々進めない。修行みたいな登山(笑)

だけど山頂と稜線からの眺めは素晴らしかった。
蔵王、吾妻、飯豊、磐梯山、秋元湖、桧原湖、猪苗代湖。白い山並みと対照的な土色の福島盆地、会津盆地。さすが安達太良!

矢筈森からくろがね小屋への斜面。堅雪と薄く吹き寄せられた柔らかい雪の面が混ざっていたが、スワローテールは一気に下っていった。(まき)

矢筈森から一気に下る くろがね小屋とまき

 2007年2月25日(日)

飯豊をバックに

『やっぱりここは楽園です』

やってきました雄国山ピークハントツアー。
前日の寒波がウソのようなドピーカンの1日で、皆さんの顔も満面の笑顔!(後に雪焼けでヒリヒリ・・・)
興奮気味のKさんは、沼の上で思わず得意のヨガポーズ!

ここのところ降雪がなく、ばふばふのパウダースノーは味わえなかったものの山頂から望む見事な絶景やポカポカ陽気でのランチは文句なしです。

冬の雄国沼は、天気に恵まれる事が少ないだけにガイドも興奮の1日でした。(けんじ)

Kさんのヨガポーズ 桧原湖を望む

 2007年2月21日(水)

ブナの森付き一戸建て(1)

『もくもく不動産』

えー、こちらの物件はですね、ブナの森付きの一戸建てとなります。
水道、ガス、電気なし。あ、屋根もございません。
ただ、ご覧のとおり、日当たりのよさは抜群です。
この一日中オープンカフェ感覚が味わえるという点については、お客様のようなセレブな方にはピッタリかと存じます。

え、近所に住んでらっしゃる方ですか?
えー、ウサギ様、リス様、ネズミ様、タヌキ様、キツネ様、テン様、カモシカ様、クマ様。。。たくさんの方が住んでらっしゃいますね。

あちらの木の上に見えますのが、クマ様が経営しているレストランなのですが、残念ながら冬季は休業しておりまして。

ブナの森付き一戸建て(2) 昨年は食材がなかなか手に入らないとかで、クマ様もお困りのようでしたね。
食材調達のために、私の自宅の近くにもよくいらしてたみたいですが。

あら? あの真っ白なオシャレ着を着た方はどなたでしょう?
あ、ウサギ様がお出かけのようです。
一生懸命、坂を駆け登ってらっしゃいます。あんなに急な坂なのに大変ですね。
あー、はい、お客様のおっしゃるとおりでございます。

筋トレです。(りょう)

 2007年2月20日(火)

青空とけんちゃん

『つられて雄国沼』

これでもか! ってな無風快晴。
朝けんちゃんに「雄国行きませんか」と誘われたらば行くしかないでしょっ!!(笑)

目指せ天才テレマーカーのけんちゃんとへなちょこテレマーカーな私の下見兼、笑いが止まらないツアー。
目指せ天才は沼でテレマーク・スケーティングしてます。へなちょこは小屋でコーヒー飲んでます。(笑)

やっぱり雄国はいい! こんないいとこないよ!(笑)
今シーズンはスノーシューで行くツアーもありますのでみなさんぜひ!(まき)

青空と雄国沼 雄国沼の氷上でスケーティング 青空と磐梯山

 2007年2月19日(月)

中瀬沼の水辺で

『まだまだ行けます!』

全国的な暖冬による雪不足の影響はここ裏磐梯でも著しく出ていて、特に全面凍結しない桧原湖周辺は、本来歩けたコースが雪が少なすぎて通れないなんてことも多々あります。
ホント、このような冬は今年限りなのを願うばかりです。

しかし、場所を選べばまだまだ遊べるのが裏磐梯の強味ッ!

今回は、中瀬沼クロカンスキーツアー。
ハンノキの森を歩けば興奮気味に雪面を走り回るホンドリスを3度も見かけたり、中瀬沼の水際ギリギリで記念撮影したりと、のんびり雪遊びを楽しむんならクロカンが一番ッ!
もちろんアクティブにだって遊べます。

どうやって遊ぶかって?
それは参加してのお楽しみです(笑)(けんじ)

 2007年2月17日(土)

不動滝の前でにこっ♪

『底ぢからっ!』

暖冬。雪不足・・・それでも裏磐梯には雪がある。

ただいまツアーベストシーズンなのです〜♪

毎日開催の五色沼と不動滝スノーシューツアー、この週末も5年続けてのリピーターさんたちや、ガイドツアーは初めてという沖縄からいらしたお客さんたちで賑やかでした。

ほら、不動滝の前でにこっ♪(まき)

 2007年2月16日(金)

ロードキルの講義

『人と自然の共生のために』

このタイトルは福島県が掲げている大切なテーマの一つです。
今回は裏磐梯エコツーリズム活動の一環で、2月20日に『裏磐梯の自然とその変遷』と言う内容で講義をします。

植物、鳥、野生動物の3つのテーマでそれぞれの講師の方々が熱弁を奮ってくださいます。
池田は前回の『ロードキル』の講義に続き、裏磐梯の野生動物の状況についての講義を担当します。

人と自然が一緒に暮らしていけるユニバーサルな社会を、福島県と裏磐梯はつくっていきます。興味のある方はいらしてください。

※裏磐梯 自然環境活用センター 13:00〜

写真は前回の『ロードキル』の講義(いけ)

 2007年2月13日(火)

シナノキの巨木の前で

『恵まれすぎ?』

日本中から雪不足の便りが届く中、この3連休はさらさらの降雪に恵まれ最高のツアーが楽しめました。

霧氷になった真っ白な森を抜け、カモシカの足跡を辿り、巨樹に出会う。
今シーズンから始まった毎日開催レギュラープログラムの猫魔平ツアーはロケーション、難易度、どれをとっても最高のコースでした。

雪のたっぷりあるこの時期、ツアーは毎日続きます。
皆さん、一緒にスノーシューダウンヒルしてみませんか。(いけ)

 2007年2月12日(月)

ハイクアップ中

『スプレー特集』

「バックカントリースノーボード スキルアップキャンプ」ステップアップ編、終了しました。
ガスってたり吹雪いてたりと天気はイマイチな3日間でしたが、雪はかなりいい状態でした。ごちそうさまでした(笑)

山頂で裸になる人あり、山の中で納豆を頬張る人あり、ブッシュに引っかかって3D技を決める人あり、自作のアルコールバーナー持参で満足気な人あり、テンションが上がりすぎて熱を出す人あり、と、てんやわんやの3日間。

ただ、「ステップアップ編」とはいうものの、荒れた天候により予定してた講習がほとんど行えず。
滑り倒しなツアーになってしまい、参加された皆さんにとってはなかなかハードな3日間だったと思います。ゆっくりカラダを休めてください。
仕事や体調不良で全行程参加できなかった方は残念でしたが、また次回お待ちしてます。山は逃げませんからね。

今回の写真はスプレー特集です。ご堪能あれ。(りょう)

スプレーを上げるNさん スプレーを上げるKさん

 2007年2月8日(木)

青空とソリ遊び

『ドラえもん』

快晴のイエローフォールツアー。気持ちいいね。
裏磐梯の冬には珍しく、今年はこんな天気の日に当たることが多い。

が、あちらを立てればこちらが立たず。
まだまだ雪不足を感じるし、イエローフォールの育ち具合も例年に比べるとまだまだ。

ま、それならそれで遊び方を変えればいいだけの話。
今日はこのひみつ道具を使おう!

「ソリ〜」(ドラえもん風)

イエローフォールの帰り道はソリで遊べるところがたくさん。
さあ、童心に帰って楽しもう!
ウサギにも会えたし、ラッキーな一日。(りょう)

 2007年2月5日(月)

『犬神家の一族』

今シーズン、スノーシューツアーでハマっているのが「犬神家」。
ん? 何それ? って思いますよね。
雪面に穴を掘り、頭から"刺さる"わけです。そう、金田一シリーズです。
今日もお客さんにやってもらっちゃいました。

というわけで、突然ですが「雪上犬神家グランプリ」勝手に開催!
現在のエントリーは、新潟県のTさんと千葉県のMさん、そしてぼく。
さ、やってみたい方はツアー中にドシドシ自己申告してください。(りょう)

新潟県のTさんの犬神家 千葉県のMさんの犬神家 りょうの犬神家

 2007年1月28日(日)

パウダーラン

『福島BCボーダーならもちろん!』

この週末は、バックカントリースノーボードツアーStep2です。うちのツアーにしては珍しく、カタギじゃない風なお客さんばっかり(笑) 皆さん、いい道具使ってますね〜。

1日目は足慣らし。短いハイクアップで3本。
雪不足でまだまだブッシュが多く、沢も埋まってない箇所があるため、前年に比べ難易度が上がってます。
雪はちょっと重めですが、悪くはないというのは写真でおわかりいただけるのではないでしょうか。

雪上ランチ 2日目は、1時間強のハイクアップで1本。
苦労して登っても、下りはあっという間なんですよね。
さ、ガッツリ昼メシ食って、行きますか。

密な針葉樹林。次々と木をかわし、ときにギャップを飛ぶ。
ああ。やっぱりこのコース、いい!
オープンバーンの少ない福島のバックカントリースノーボーダーは、ツリーランにエクスタシーを感じます(笑)(りょう)

 2007年1月25日(木)

不動滝のブルーアイス

『ブルーアイス』

昨日今日と雪。スノーシューの歩き心地いいかも♪
不動滝行ってみようかな。そろそろいいかもしれないし・・・何がって? 滝つぼのブルーアイス。
冬しか見られないもののなかでも、私が心待ちにしているもののひとつ。

今日は誰もいない。カモシカとテン、ウサギ、キツネの足跡がある。
風があるけど、スギやミズナラの森のなかは雪も穏やかに降る。
きれいだなあ、つもりたての雪景色って。一人占めだよ。は〜贅沢な時間。

いよいよ不動滝。・・・あ、ブルーになってる!
うーん、思うように撮れない・・・。その言い訳じゃないけど(笑)ぜひ足を運んで欲しい。
きれいなものに触れるって、ココロの栄養って感じがするんだよね。ビタミンBlue(笑)

いかが?(まき)

 2007年1月23日(火)

ビーコンで捜索し、掘る

『気持ちを新たに』

22、23日と、雪崩講習会に参加。
雪崩発生のメカニズム、ビーコンやゾンデを使った捜索方法、雪崩の危険判別方法、ケガ人の搬送方法などを学んできました。

ここ数年は、年に1回のペースで大なり小なり雪崩に関する講習会を受講していますが、毎回受けてよかったと思うのが「気持ちを新たにできる」という点。

今回は、両手で口元を覆うだけの呼吸空間を確保した状態で雪に埋められました。時間が経つにつれ、だんだんと息が上がってきます。
全く動けないという恐怖心はもちろんですが、呼吸ができなくなるという恐怖心はそれ以上のものがあります。

ケガ人を搬送する 毎年そうやって雪崩の恐さを再認識することによって、より気持ちが引き締まった状態で冬のツアーに臨めるわけです。(りょう)

※写真は、ビーコンによる捜索で埋没地点を特定して掘っている様子と、ケガ人の搬送。

 2007年1月21日(日)

青空の下、磐梯山をバックに

『トモダチなのよ光線』

この週末は猫魔平スノーシューツアーを担当。
土日とも、絶好のスノーシュー日和。これもひとえにガイドの日頃の行いのよさのなせるワザ(笑)

ウサギ、リス、キツネ、テン・・・
やさしい光が射し込むブナの森は、動物の足跡だらけ。
さらに、土曜日はウサギ2羽に遭遇。見れたのはぼくだけですが(笑)
今年も相変わらず森の動物たちとの相性はいいようです。

あ、残念ながら、殺気を放ってる方は会えません。「ぼくは君のトモダチなのよ〜」光線を目一杯出してください。

さーて、そろそろスノーシューの醍醐味といきますか。
滑り台! ダウンヒル! 転倒! 雪まみれ!(笑)(りょう)

雪の大地に触れる ジャンプ! ブナの森をいく

 2007年1月12日(金)

パウダースプレーを上げるりょう

『ウィンターパラダイス』

先日の三連休で降った雪がツアーコースを天国に変えてくれました。

今日はもくもく自然塾スタッフで毎日開催企画のスノーシューで行く『猫魔平ブナの巨木ツアー』の下見に行ってきました。
裏磐梯猫魔スキー場のリフトを降りるとそこは別天地!! 標高1,250mからのツアースタートです。

天気予報とは裏腹に無風・快晴のツアー日和です。
真っ白な霧氷の森を歩き、遠くに見える猪苗代湖や桧原湖に磐梯山。当たり一帯に林立する巨木もまた圧巻。さらさらのパウダースノーを蹴散らしながら走り回るスタッフ達。まるでシーズン始めの雪不足のフラストレーションが爆発したかのように・・・

コースの殆どが平地と下りの楽ちんコースもまた魅力。どれだけ楽しいかはスタッフの表情を見ればわかるはず。あれっ、イケダが居ないって? 撮影班は辛いのですよ・・・

さぁ、あなたも歩いてみたくなってきたはず。
ツアーコースの風景はあえて載せていません。ぜひ、ご自分の目で確かめてください。
『皆様のお越しをお待ちしています』 from 猫魔平(いけ)

斜面を駆け降りるけんじ 巨木に囲まれて満面の笑みのもく 斜面を駆け降りるまき

 2007年1月10日(水)

テレマーカーけんじ

『裏磐梯バックカントリー開始!』

もくもく若手コンビけんじ&りょうの"チーム乳酸ズ"今年も活動開始です!

シーズン一発目いきなりテレマーク&スノーボードで西大巓バックカントリーやっちゃいました。
まだシーズンも早く雪もしっかり締まってないため、登りのラッセルはちょっと苦労しつつも、久々の吾妻の雪景色に興奮しながら山頂へ。

スノーボーダーりょう 残念ながら山頂は、ガスがかって視界はゼロ。しかし雪質は、ばふばふのパウダースノーッ!
相変わらず魂の雄叫び(奇声?)を発しながらパウダーを撒き散らしてファーストトラックを刻んできました。

雪不足でなかなか山に入れずうずうずしているバックカントリー愛好家の方々、ぜひ裏磐梯に足を運んでみて下さい。(けんじ)

※まだブッシュが多いので滑る際は、ご注意を。

 2007年1月2日(火)

幻のホワイトフォール??

『幻のホワイトフォール??』

今日はツアー日和?目指すはイエローフォール。積雪の不安もありましたが迷わずスキーで出発です。

銅沼は予想通り凍結していたので無事横断。問題はここからの大岩地帯。
昇るにつれ、石に乗り上げ「ガリ」、板を外して歩き始めたら「ズボ」、だからスノーシューにしろって言ったじゃん(誰が?)。
楽しいはずのツアーが殆ど"苦行"です。 通常の2倍の時間を要し目的地に到着。

あれ?ホワイトフォール?やっぱりこれも期間限定の「幻?」。(もく)

※銅沼は凍結してますがまだ薄い場所がありますので要注意。大岩地帯は積雪が少なく岩の周りの空洞が深くなってます。快適なツアーは後一降り必要でしょう。