もくもく自然塾 コロンビアアライテントモンベル
ホーム 体験プログラム イベント/大会 裏磐梯日記 宿泊について 学習プログラム
裏磐梯日記のイメージ写真

 裏磐梯日記

裏磐梯で日々起こるあんなことやこんなことをスタッフが日記形式でお知らせします。あなたの知りたい裏磐梯が見つかるかも。

 裏磐梯日記

2013年

 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2012年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2011年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2010年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2009年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2008年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2007年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2006年

 10月〜12月の日記

※2006年9月以前の裏磐梯日記は裏磐梯日記バックナンバー(他サイト)をご覧ください。


我らが塾長"もくさん"執筆「スノーフィールドの楽しみ方」絶賛発売中!!

 

"もく"が裏磐梯エリアを執筆「スノーシュー・コースプランGUIDE」好評発売中!!

 

"まき"が一部執筆「雪と遊ぶスノーシューテクニック&フィールドガイド」好評発売中!!


磐梯エリアガイド協議会会員
裏磐梯エコツーリズム協会会員
日本レクリエーショナルカヌー協会(JRCA)公認スクール

福島県 / 裏磐梯 
『もくもく自然塾』
〒969-2701
福島県耶麻郡裏磐梯高原
曽原四季彩の丘
TEL:0241-32-3010
FAX:0241-32-3074

ホーム > 裏磐梯日記 > 2006年10月〜12月の日記

 2006年12月31日(日)

シーズン到来!!

『シーズン到来!!』

近年稀に見る暖冬と宣言された今シーズン。気象庁もしっかり当ててきたらしく28日の朝までは地面が見えている有様・・・。

ところがこの3日間の大雪でスキー場もホッと一息つけた模様。当然裏磐梯クロスカントリースキー場にもたっぷりの降雪があり、本日やっと圧雪車が稼働した。
1km・1.5kmの他に特設コースもオープンしてコースにはクロカンを楽しむ家族やグループ、トレーニングに精を出すスポーツ少年団が集結していた。

時折、青空も顔を出しクロカン初日はまずまずの滑り出し。この調子でどんどん降ってくれることを期待しましょう。

スリップによる事故が多発しています。自家用車で来られる方は安全運転で!!(いけ)

※写真は熱心に練習に打ち込む親子。

 2006年12月30日(土)

小野川不動滝

『ツアーバッチリだっ!』

寒波ありがとう!
いい雪だ。しかも、たあっぷりだ!
数日前全くなくなってたのがウソみたい。

スノーシューツアー下見に小野川不動滝へ。あ、駐車場に見慣れた車が。りょう君来てる。
トレースは一人分。彼が一番乗りだ。この跡はMSRのライトニングアッセント。新しいスノーシューの履き心地はどうかな(笑)
階段登ったらりょう君にバッタリ。滝に行ってきた帰り。私も一人で滝へ。

膝くらいまでの雪が一気に積もった。ふかふか。森のなかの下り最高!

帰りけんちゃんにバッタリ。スタッフに次々会うからおかしい(笑)。みんな待ち焦がれてた雪なんです!

今日の小野川不動滝と五色沼の写真レポートです。
さあ、どんと来い!(笑)いゃ…いらしてクダサイ(笑)(まき)

五色沼1 五色沼2

 2006年12月24日(日)

スノーシューツアー☆スタート!

『スノーシューツアー☆スタート!』

五色沼&不動滝のスノーシューツアーは、雪が少なくてできないけど「12月にスノーシューやりたい」というお客さんの熱意に応え、もくもく自然塾スタッフはフィールド探しましたー!

「これならオススメ!」それは野鳥の森&八森山。

やぶはかなり雪に隠れ、道無き森を歩く楽しさを満たしてくれます。
ちょうどツアー前の晩にサラッとした雪が降って、軽い歩きごこち。斜面駆け降りるのもいい気持ち。スノーシューだって下りが楽しいのです♪

お客さんの笑顔はガイドの元気のもと。久しぶりの仕事だったからなおさらでした。ありがとうございました!(まき)

 2006年12月18日(月)

未熟者です。

『未熟者です』

昨日からの雪でなんとか白い世界が帰ってきました。よかったよかった。ほっんと、グダグダな状態でしたからね。うちの周りもほとんど雪がなくなってましたし。

今、福島県内でまともに滑られるスキー場は、グランデコ、猫魔、箕輪くらい? そのうち2つが裏磐梯って優秀じゃないですか。うんうん。

で、今日は猫魔スキー場です。JSBA(日本スノーボード協会)のインストラクター年次講習会。「ストローク」をテーマに、理論的に滑りを解析していく、といった内容。
あまり頭を使って滑ったことがないのでさっぱりわからず。。。乳酸ズ、脳みそ筋肉化傾向です(笑) フリーランがメインになってくると楽しいんですけどねぇ。

ただ、納得したのは「これが正解ではない」ということ。滑りに関するさまざまな方法論を組み合わせることによって、自分なりの正解(安定した滑り方)が導き出されるということ。

ぼくの好きな言葉があります。

20歳であろうと80歳であろうと、学ぶことをやめたとき人は老いる。学び続ける者はいつまでも若い。人生でいちばんすばらしいことは、若い心を持ち続けることだ。
練習しなきゃな。(りょう)

 2006年12月12日(火)

早くも!

『早くも!』

レンゲ沼、姫沼が凍りました。森のなかは動物の足跡だらけですが、動物も沼は渡ってないのでみなさまお待ちクダサイませ。

中瀬沼、曽原湖は薄氷が広がりつつあります。桧原湖はたぷたぷです。そうそう、中瀬沼にハクチョウが5羽いましたよ。

遊歩道のスノーシュー歩きならそろそろOKか…なんて長靴歩きしてたら、おお!スノーシューの跡が2人分。早いなあ…あれっ道じゃないとこに行ってる…あ、熊だな見てる。もしかしてこれは。

「ああ、あの熊だな見てきたよ」やはりもくさんか!(笑)。(まき)

 2006年12月5日(火)

裏磐梯発 この冬一報

『裏磐梯発 この冬一報』

3日から滑走可能(但しほんの一部ですが・・・)になったグランデコスキー場に今日行ってきました。

天気は日光の手前??(相変わらずのおやじギャグで・・ペコリ)でしたが電話で問い合わせがあったとき困るから・・・・と言う口実で約2時間の下見?です。

まだ積雪は少なめですがブッシュもなくこの時期誰もが経験しているソールを「ガリッ」っとやる心配もなく「まっ、この時期にしては良いんじゃない」レベルです。

これで今週末の「ネイチャースキーStep0」講習開催決定です。ドシドシご参加下さい。(もく)

※明日(6日)はいよいよ猫魔スキー場がOPENです。

 2006年12月3日(日)

新潟も雪だった

『新潟も雪だった』

新潟市のアウトドアショップ、WESTへもくさん、赤沼さんと行ってきました。お店のセールに合わせて営業です。

今朝も裏磐梯は雪。グランデコは今日からオープン。
猪苗代も雪、磐越道も雪・・・あら〜新潟市まで雪じゃないの。さすが日本海側。
雨・あられ・雪な怪しい天気にも負ケズ、お客さんの出足はなかなか良い。
WESTのレシートお持ちの方、じゃんけんに勝ったらリフト券プレゼント、なんだけど、じゃんけん担当者が無敵(笑)・・・だめじゃん(笑)

それでも、夕方には、お土産の福島産りんごもリフト券もなくなりました。

新潟のみなさま、遊びに来て下さいね。お待ちしてまーす。(まき)

 2006年12月2日(土)

スイッチ・オン?

『スイッチ・オン?』

12月になったとたん何かのスイッチ入ったらしく(?笑)雪が降り続いてます。やったね裏磐梯の冬本格化!

スノーシュー履いたらやぶに引っかかって、アスファルトではガツガツ☆……になること間違いなし。はい、まだ履いてないですよっ(笑)遊ぶのは、もう少し待ってましょうね。

雪が積もっていく。まっしろに景色が変わる。わくわくする気持ちも少しずつ積もっている。(まき)

 2006年11月27日(月)

乳酸ズ、走り納め?

『乳酸ズ、走り納め?』

室内温度がマイナス3度の朝。トレイルランの準備をして家を出る。
ビジターセンターの駐車場でけんちゃんと待ち合わせ。今日のルートは、猪苗代スキー場〜弘法清水〜八方台〜猫魔ヶ岳〜雄国沼〜雄国山〜ラビスパ西口。コースタイム8時間15分のルートである。

9:22、猪苗代スキー場を出発。

服装も装備もトレイルラン仕様なのだが、今日は歩く。ここのところ運動不足のため、2人ともかなり弱気。
3合目あたりから雪が目立つようになる。弘法清水を越え裏磐梯側への下りに入ると、北斜面ということもあり、登山道はほとんど雪に覆われている。 普段なら気持ちいい下りなのだが、ところどころ凍結していて危険。11月の磐梯山。今年は冬が遅いとは言え、そこはもう冬山なのだ。

14:35、ラビスパ西口到着。

シューズもウェアも泥だらけ。初冬の裏磐梯をお腹いっぱい感じた一日。(りょう)

 2006年11月18日(土)

会津の郷土料理

『会津の郷土料理』

裏磐梯では「エコツーカレッジ」なるものをやっています。
「学ぼう・伝えよう・守ろう裏磐梯」を合言葉に、この地域に住む人たちが裏磐梯のよさを知り、おもてなし力を磨き、守る方法を学ぶことによって裏磐梯や磐梯山周辺を輝かせていくための基礎を築くことを目的に開校された講座です。

今日の講義は「会津の郷土料理」。料理を作って食べます。お料理教室みたいなものですね。

メニューは以下の4品。

  • つとどうふのあんかけ
  • 煮くるみ
  • しんごろう
  • ざくざく汁
グループに分かれて調理するのですが、力仕事や洗い物程度しか役に立てず。。。無念。
でも、人一倍食べました(笑)(りょう)

 2006年10月11日(水)

日本山岳耐久レース

『日本山岳耐久レース』

チーム乳酸ズ、「日本山岳耐久レース」に出場してきました。
日本山岳耐久レースとは、奥多摩山域を舞台に総距離71.5km・最大高低差1327mに及ぶトレイルを24時間以内に走破する国内最高峰のトレイルランニングレース。 世界的クライマーである長谷川恒男氏の名を冠し、「ハセツネ」の名で親しまれる。14回目を迎えた今年は、2004名の出走があったとのこと。

第14回 日本山岳耐久レース
http://www.togakuren.com/14th-taikyu/14th-top.htm

けんちゃんは初出場、ぼくは昨年に引き続き2回目、それに秋田のガイド友達を加えて「チーム乳酸ズ」として出場。 タイムはさておき(笑)、全員無事完走してきました。

夜の奥多摩山中から眺める富士山は、幻想的でした。ま、裏磐梯から眺める磐梯山には負けるけどね(笑)(りょう)